【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 布志名焼き 伊羅保(イラホ) 土屋善四郎作(雲善)

抹茶茶碗 布志名焼き 伊羅保(イラホ) 土屋善四郎作(雲善)

抹茶茶碗 布志名焼き 伊羅保(イラホ) 土屋善四郎作(雲善)

【土屋善四郎(雲善)】布志名焼
楽山焼 6代目の空斎は布志名焼の土屋家2代目、雲善の次男で藩命によって養子になったという人です。
藩命で楽山窯より移住した土屋善四郎の指導で布志名焼の品質は向上し、松平不昧公の指導を受けた土屋、永原の藩窯と舩木系子孫らの民窯で作られいます。
土屋善四郎は、不昧公より雲善の印を賜り現在の9代まで代々雲善と名のって続いています。
空斎により色絵が導入された。
 

サイズ 約直径14×高8cm
作者 土屋善四郎作(雲善窯)
木箱
   (野丸中・72580)