【茶器/茶道具 水指(水差し)】 紫交趾 宝袋(砂金袋) 中村翠嵐作

水指 紫交趾 宝袋(砂金袋) 中村翠嵐作

水指 紫交趾 宝袋(砂金袋) 中村翠嵐作

【2代 中村翠嵐】
1942年昭和17年 京都生まれ
1961年昭和36年 京都市立日吉ケ丘高校美術課程陶芸家卒業
 陶磁器上絵付業を営む家に生まれ、父初代翠嵐に師事
1974年昭和49年 2代 翠嵐を襲名
1984年昭和59年 第06回京都・清水焼展グランプリ受賞
第09回全国伝統的工芸展NHK会長賞受賞
1987年昭和62年 京都・清水焼伝統工芸士に認定
1993年平成05年 125年ぶりの海外展「現代の京焼・清水焼パリ展」に出品、同展実行委員長を務める
2003年平成15年 京の名工 京都府伝統産業優秀技術者賞
2010年平成22年 現代の名工(卓越した技能者) 厚生労働大臣賞を授かる
 以後多数の個展・展示会を開催し活躍中
 次代の娘も作陶中
 

水指(水器)-釜に補給する水や茶碗・茶筌などをすすぐための水を貯えておく器物

炉・風炉の火の陽の対して水指の水を陰とします。
台子皆具の水指は本来唐物に始まり点前作法の変遷とともに皆具からはなれ銅の水指についで南蛮や国焼の備前・信楽・楽焼や京焼などの焼き物が用いられ、さらに木地釣瓶や曲などの新しい素材や形が造られた。



サイズ 約全直径24.4×高11.8cm
胴直径16.2cm
作者 中村翠嵐作
木箱
   (2019D2-15江・473000)