【茶器/茶道具 菓子器 ひな祭り】 干菓子器 唐銅 桃桜菱紋(三花彫) 三人形 金谷宗林作

干菓子器 唐銅 桃桜菱紋(三花彫) 三人形 金谷宗林作

干菓子器 唐銅 桃桜菱紋(三花彫) 三人形 金谷宗林作

干菓子器 唐銅 桃桜菱紋(三花彫) 三人形 金谷宗林作

干菓子器 唐銅 桃桜菱紋(三花彫) 三人形 金谷宗林作


雛飾りの橘と桜の置き方
雛壇に向かって、左側が「橘」・ 右側が「桜」 です
「左近の桜、右近の橘」で3月3日は、左近の桜(さんがつみっかは、さこんのさくら)と覚えます。
右に、左近の桜 左に、右近の橘なぜ逆になるのでしょう。
そのひみつは、天皇の高御座(たかみくら)と京都御所の紫宸殿(ししんでん)にあります。
平安宮の南殿(紫宸殿 ししんでん)では中央に天皇の御座・高御座(たかみくら)があり、その東側には皇后の御座・御帳台(みちょうだい)があります。
そして、前庭には、桜と橘が植えられていますね。
私たちが外から見ると紫宸殿に向かって、左が「右近の橘」・右が「左近の桜」です。
これを、天皇側から、内裏にて北を背に南面の庭を御覧になったとすると、日が昇る方が「東」=左上位=【桜】・日が沈む方が「西」=右下位=【橘】です。
ですから【左近の桜・右近の橘】が、正しいのです。

【金谷宗林】
1935年昭和10年 高岡生まれ
1958年昭和33年 京都鋳物を研修
1963年昭和38年 高岡にて茶道具製作に専心
1975年昭和50年 高岡商工展入選
1979年昭和54年 高岡市伝統工芸士なる
 奥州、山形の鋳物の伝統を受け継ぎ、鉄と炎の自然美を追求し製作に邁進、茶の湯道具に研鑽中
【2代 金谷宗林】
1969年昭和44年生
 富山県高岡市在住
 工芸技術者
 

 

サイズ 約外直径22.4×全高5.2cm
約内径19.
約台高4.5cm
素材 唐銅
作者 2代 金谷宗林作
木箱
   3個限定/輪山(有輪丸-1引宮・61150)

hinamaturibana

sakuranodougubana

tanngonasekkubana