【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 赤楽茶碗 椿 川崎和楽作

抹茶茶碗 赤楽茶碗 椿 川崎和楽作

【7世 川崎和楽】楽焼窯元
文政年間祇園八坂神社門前茶屋短冊楼の主が始まり。
 短冊屋七左衛門の始めた素焼の礎を2代目七兵衛より
 「楽焼の短冊屋」として楽焼一筋約200年以上窯元として続く
1918年大正7年 東郷平八郎元帥より「和楽」の号を拝領する。
 以後「和楽」の屋号で現在にいたる。
 

楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!!
熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。
<五山の口造りで幽玄の世界を表現>しています。

利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。

抹茶茶碗 赤楽茶碗 椿 川崎和楽作 成形のぐあいを作行きといい、
まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。
抹茶茶碗 赤楽茶碗 椿 川崎和楽作
抹茶茶碗 赤楽茶碗 椿 川崎和楽作 作者印のある高台は見どころの要です。
土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。
井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

サイズ 約直径12.2×高8.3cm
作者 川崎和楽作
木箱
注意 楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。
楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。
   (R4/野山/大・31900)