【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 天目茶碗 建盞(けんさん) 覆輪塗銀使用 桶谷定一作

抹茶茶碗 天目茶碗 建盞(けんさん) 塗銀使用 桶谷定一作

抹茶茶碗 天目茶碗 建盞(けんさん) 塗銀使用 桶谷定一作

【初代 桶谷定一(本名 逹[とおる])】
大正末期に東山区今熊野蛇ヶ谷の現在地で、開窯
帝文、日展に出品、各展で受賞し、天目釉を得意とした
【2代 定一(本名 洋)】
 日本工芸会会員
 京都美術工芸作家協会会員
1933年昭和08年01月06日生まれ
1955昭和30年    京都伏見高校陶磁器科卒
 京都市東山区今熊野宝蔵町在
 

サイズ 約直径12.6×高6.8cm
素材 覆輪銀使用(塗)
作者 桶谷定一作
木箱
   (ス申岡・21880)