【茶器/茶道具 水指(水差し)】 高取焼き 蓋兎摘み 鬼丸雪山作 塗蓋付

【高取焼きは小堀遠州七窯の一つ】
7か所(赤膚・上野・高取・古曽部・志戸呂・膳所・朝日)

水指 高取焼き 蓋兎摘み 鬼丸雪山作 塗蓋付

水指 高取焼き 蓋兎摘み 鬼丸雪山作 塗蓋付


【鬼丸雪山】
1912年明治45~1996年平成08 福岡県生まれ
1928年昭和03 人形師を志して博多人形師・置鮎与市に師事
1931年昭和06 帰郷して家業の茶陶制作をする
1965年昭和40 独立して鬼丸雪山窯を開窯
 

水指(水器)-釜に補給する水や茶碗・茶筌などをすすぐための水を貯えておく器物

炉・風炉の火の陽の対して水指の水を陰とします。
台子皆具の水指は本来唐物に始まり点前作法の変遷とともに皆具からはなれ銅の水指についで南蛮や国焼の備前・信楽・楽焼や京焼などの焼き物が用いられ、さらに木地釣瓶や曲などの新しい素材や形が造られた。



サイズ 約胴直径19×蓋除く高17.3cm
作者 鬼丸雪山作
仕様 共蓋・塗蓋付
木箱
   (R4/大・98000)