【茶器/茶道具 煙草盆(莨盆)】 手付煙草盆 瓢透煙草盆 黒一閑 引出し付 鵬雲斎好写し 小坂修斎作

煙草盆 付煙草盆 瓢透煙草盆 黒一閑 引出し付 鵬雲斎好写し 小坂修斎作

煙草盆 付煙草盆 瓢透煙草盆 黒一閑 引出し付 鵬雲斎好写し 小坂修斎作

煙草盆 付煙草盆 瓢透煙草盆 黒一閑 引出し付 鵬雲斎好写し 小坂修斎作

【小坂修斎】石川県加賀市在住
1950年昭和25年 生まれ
 飛来一閑以来の伝統を受け継ぐ、京都の一閑塗師、松永氏の技を伝承しています。
1971年昭和46年 加賀の地で独立以後、研鑽中

【煙草盆の取り扱いに関して】
火入れに入れる灰は入れっぱなしにしないようにしてください。
煙草盆にはすぎはらという種類の紙や奉書紙を底に敷いて使います。
現在では奉書紙を敷くことがほ殆どです。
裏千家では、向かって左側に火入れをおきます。
(火入れの火は上面を左に傾ける)
灰吹は良くぬらして、少量の水を入れておきます
(灰吹きの樋を正面にして使用します)
 

サイズ 約縦14.6×横26.4×取っ手除く高11cm
約取っ手含高19.2cm
作者 小坂修斎作
木箱
   (限定:山丸/瓢透/江・127600)