【茶器/茶道具 水指(水差し)】 高取焼き 耳付  前へこみあり 亀井楽山作(楽山窯)

水指 高取焼き 耳付  前へこみあり 亀井楽山作(楽山窯)

水指 高取焼き 耳付  前へこみあり 亀井楽山作(楽山窯)

【亀井楽山】高取焼
1945年昭和20年 福岡に生まれる
 兄 14代 亀井味楽に師事、作陶をはじめる
1962年昭和37年 福岡県美術展初入選、以後連続入選
1972年昭和47年 福岡市美術展にて市長賞受賞
1977年昭和52年 大徳寺前管長 方谷浩明老師より「楽山」の号を拝受
1980年昭和55年 日本伝統工芸展初入選、毎日陶芸展入選
 日本工芸会正会員・日本陶磁協会博多支部理事
1990年平成02年 楽山窯を築窯、味楽窯より分家独立
 

水指(水器)-釜に補給する水や茶碗・茶筌などをすすぐための水を貯えておく器物

炉・風炉の火の陽の対して水指の水を陰とします。
台子皆具の水指は本来唐物に始まり点前作法の変遷とともに皆具からはなれ銅の水指についで南蛮や国焼の備前・信楽・楽焼や京焼などの焼き物が用いられ、さらに木地釣瓶や曲などの新しい素材や形が造られた。



サイズ 約耳含む横幅13.8×奥行12.5×蓋含む高17.4cm
約蓋除く高15.1cm
約下部分直径14.8cm
作者 亀井楽山作(楽山窯)
木箱
   (現品限野丸り)(・330000)