【茶器/茶道具 水指(水差し)】 仁清写し 秋の野 中村秋峰作

水指 仁清写し 秋の野 中村秋峰作

仁清写し 秋の野 中村秋峰作

【初代 中村秋峰(本名 多一)】
 石川県牛島の生まれる
 のち京都市東山に転居
 上絵付師に専心
1964年昭和39年 没
【2代 中村秋峰(本名 良一)】
1918年大正07年生まれ
1974年昭和49年 西ドイツ・フランクフルトメッセに出品
1976年昭和51年 没
【3代 中村秋峰(本名 幸一)】
1947年昭和22年 京都東山に生まれる
1966年昭和41年 京都市立伏見工業窯業科卒
1993年平成05年 現代の京焼・清水焼 パリ展に出品
1994年平成06年 京焼清水焼伝統工芸士に認定される
 

水指(水器)-釜に補給する水や茶碗・茶筌などをすすぐための水を貯えておく器物

炉・風炉の火の陽の対して水指の水を陰とします。
台子皆具の水指は本来唐物に始まり点前作法の変遷とともに皆具からはなれ銅の水指についで南蛮や国焼の備前・信楽・楽焼や京焼などの焼き物が用いられ、さらに木地釣瓶や曲などの新しい素材や形が造られた。



サイズ 約直径17.2×蓋含む高17.5cm
約蓋除16.2cm
作者 中村秋峰作
木箱
   (R4/輪吉岡・165000)