【茶器/茶道具 なつめ(お薄器)】 中棗 輪島塗り 小菊蒔絵 蒔絵師:張間麻佐緒 木地師:川北良造

なつめ 中棗 輪島塗り 小菊蒔絵 蒔絵師:張間麻佐緒 木地師:川北良造

なつめ 中棗 輪島塗り 小菊蒔絵 蒔絵師:張間麻佐緒 木地師:川北良造

【張間麻佐緒(はりままさお)(本名 政雄)】漆芸家
1911年明治44年生まれ
 前大峰(まえたいほう)らに学ぶ
1981年昭和56年うす氷漆屏風で日展会員賞。同年、重要無形文化財保持団体の輪島塗技法術保存会会長となる
1997年平成09年没
------------------------------
【川北良造(かわぎたりょうぞう)】(人間国宝/木工芸の保持者)
1936年昭和11年 加賀市山中温泉に生まれ
1950年昭和25年 父 浩一に山中漆器ロクロ挽物技術を修得
1962年昭和37年 第9回日本伝統工芸展、発出品入選より51回入選
1964年昭和39年 日本工芸会、正会員認定
1988年昭和63年 大徳寺、聚光院温存の千利休手植えの沙羅双樹古木を持って、茶道具を製作する
1990年平成02年 伊勢神宮遷宮「御神宝轆轤ろくろ筥」製作拝命
1995年平成07年 重要無形文化財保持者、認定
1999年平成11年 紫綬褒章受賞2004年秋の叙勲、旭日中褒章、拝命
 日本伝統工芸展鑑審査委員
 現在美術展 審査委員
 旧山中町名誉町民第一号認定
 日本工芸会理事
 輪島漆芸技術研修所講師
 金沢美術工芸大学非常勤講師
 

サイズ 約直径6.9×高6.9cm
素材 木製・輪島塗り
作者 蒔絵師:張間麻佐緒(はりままさお)
木地師:川北良造(かわぎたりょうぞう)(人間国宝)
二重箱
外:塗箱
内:木箱
   (限定R4/ス丸大・181500)