【茶器/茶道具 短冊】 直筆 青山緑水又は行雲流水又は雲収山岳青 松涛泰宏筆(宗潤)(まつなみたいこう)

短冊 青山緑水又は行雲流水又は雲収山岳青 松涛泰宏筆(宗潤)(まつなみたいこう)

短冊 青山緑水又は行雲流水又は雲収山岳青 松涛泰宏筆(宗潤)(まつなみたいこう)

短冊 青山緑水又は行雲流水又は雲収山岳青 松涛泰宏筆(宗潤)(まつなみたいこう)

短冊 青山緑水又は行雲流水又は雲収山岳青 松涛泰宏筆(宗潤)(まつなみたいこう)


青山緑水せいざんりょくすい
新緑の季節
万物の調和のとれた様
山は青く、水はみどりありのまま、「悟て見れば青山緑水で元の儘、明月清風も昔の通りじや」
普燈録:一条の緑水青山を巡る、とある。
即心是仏;人間が本来もっている心のままに
行雲流水こううんりゅすい
空行く雲や流れる水のように、深く物事に執着しないで自然の成り行きに任せて行動するたとえ。また、一定の形をもたず、自然に移り変わってよどみがないことのたとえ。
「行雲」は空行く雲。「流水」は流れる水。諸国を修行してまわる禅僧のたとえにも用いられることがある。
雲収山嶽青くもおさまりてさんがくあおし(雲収山岳青)
雲が切れて、青々とした山が見えてきたという大自然の風景。
(山を仏性に、雲を煩悩にたとえ、迷いを取り払った悟りの境地をあらわした禅の教え)

【松濤泰宏(松涛泰宏)[まつなみたいこう]】
 前大徳寺 鷲峰山、寿福寺第50世住職(福岡県)
1960年昭和35年 生まれ
1972年昭和47年 得度
1982年昭和57年 臨済宗大徳寺派、別格地、崇福僧堂初掛塔
1984年昭和59年 福岡大学卒業
1987年昭和62年 臨済宗大徳寺派、別格地、崇福僧堂再掛塔
1990年平成02年 臨済宗大徳寺派、三等地寿福寺住職
-----------------------------
【寿福寺】山号 鷲峰山 福岡県福岡市
京都 紫野 臨済宗大本山 大徳寺派に属する
1190年代に臨済宗の開祖
明庵栄西禅師(建仁寺開祖)によって禅宗に改宗され江戸末期から明治の初期に大徳寺派の末寺になる
 

   直筆
作者 松涛泰宏筆(宗潤)(まつなみたいこう)
たとう紙
注意 メール便不可
   (野山丸岡・3670)

 

【茶器/茶道具 短冊】 直筆 青山緑水又は行雲流水又は雲収山岳青 松涛泰宏筆(宗潤)(まつなみたいこう)
【茶器/茶道具 短冊】 直筆 青山緑水又は行雲流水又は雲収山岳青 松涛泰宏筆(宗潤)(まつなみたいこう)
【茶器/茶道具 短冊】 直筆 青山緑水又は行雲流水又は雲収山岳青 松涛泰宏筆(宗潤)(まつなみたいこう)
【茶器/茶道具 短冊】 直筆 青山緑水又は行雲流水又は雲収山岳青 松涛泰宏筆(宗潤)(まつなみたいこう)
商品コード: T-0126*1~T-0126*3
【茶器/茶道具 短冊】 直筆 青山緑水又は行雲流水又は雲収山岳青 松涛泰宏筆(宗潤)(まつなみたいこう)

メール便不可
前大徳寺派
松濤泰宏筆

関連カテゴリ:
茶道具
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立)
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立) > 短冊(画賛)
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立) > 短冊(画賛) >
販売価格:2,932
ポイント:266Pt
A B C
短冊  2  2  2