【茶器/茶道具 水指(水差し)】 京焼き 鉄釉絵 安南 加藤利昇作

水指 京焼 鉄釉絵 安南 加藤利昇作

水指 京焼 鉄釉絵 安南 加藤利昇作

【3代 加藤利昇(本名 義雄)】利昇窯
 利昇は永楽即善の絵付師をされて独立
1946年昭和21年 京都生まれ
1970年昭和54年 3代目を襲名、初代・2代目加藤利昇を継承する
1985年昭和60年 京都伝統美術功労賞を受賞する
  高島屋・大丸等で個展を開く
 

水指(水器)-釜に補給する水や茶碗・茶筌などをすすぐための水を貯えておく器物

炉・風炉の火の陽の対して水指の水を陰とします。
台子皆具の水指は本来唐物に始まり点前作法の変遷とともに皆具からはなれ銅の水指についで南蛮や国焼の備前・信楽・楽焼や京焼などの焼き物が用いられ、さらに木地釣瓶や曲などの新しい素材や形が造られた。



サイズ 約直径18×蓋含む高20.7cm
約蓋除く高17
作者 加藤利昇作
木箱
   (山棒り・298800)