【茶器/茶道具 茶筌(茶筅・茶せん)】 茶箱用 中国製 約高10.5cm

茶筅 茶箱用 中国製

茶筅 茶箱用 中国製

【奈良高山の茶筅】
・茶道の始視:奈良称名寺の村田珠光が、茶の葉を粉にして飲む茶の湯を考えだしたとき、これに使う茶筌の考案を高山城主の二男入道宗砌に依頼して出来あがったのが 今の「高山茶筌」です。
・高山は奈良県生駒市の最北端に位置し、茶筌発祥の地として、現在も伝統を継承しています。
 

生産地 中国製
サイズ 約高10.5cm
   (目丸大・2065)