【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 天目茶碗 青磁 雲鶴 川合正樹作

抹茶茶碗 天目茶碗 青磁 雲鶴 川合正樹作

抹茶茶碗 天目茶碗 青磁 雲鶴 川合正樹作


天目型とは
天目茶碗の形をまねて作られたもので、高台が小さく低い作りで、逆円錐形の茶碗
天目茶碗(てんもくちゃわん) とは、中国の宋代に、浙江省天目山の禅院で使用されていた福建省建陽県水吉鎮の建窯(けんよう)などで作られた鉄質黒釉の茶碗のことです。
天目という名前は、鎌倉時代に中国の天目山にある禅刹へ日本から多くの僧が留学し、帰国に際して寺で使われていた建盞を日本に持ち帰り、天目山の茶碗ということで天目茶碗と呼びならわしたことが由来とされています

【川合正樹】樹窯[たつき]
1949年昭和24年 生まれ
1974年昭和49年 岐阜県陶磁器試験場の研修を終る
1975年昭和50年 日本陶磁器デザインコンペで銅賞受賞
1983年昭和58年 以降、美濃陶芸展・岐阜県陶磁器ダザイン・日展等多数入選し現在研鑽中
 

サイズ 約直径12.9×高6.6cm
作者 川合正樹作(樹窯[たつきがま])
紙箱
(10個入りは木箱に入れることもできます。
詳しくはお問い合わせください)
   (R2/夏祭/・-・・野申○西)(・5830)