【茶器/茶道具 煙草盆(莨盆)】 手付煙草盆 溜塗り 面朱 而妙斎好写し 赤尾隆斎作

煙草盆 手付煙草盆 溜塗り 面朱 而妙斎好写し 赤尾隆斎作

煙草盆 手付煙草盆 溜塗り 面朱 而妙斎好写し 赤尾隆斎作

【煙草盆の取り扱いに関して】
火入れに入れる灰は入れっぱなしにしないようにしてください。
煙草盆にはすぎはらという種類の紙や奉書紙を底に敷いて使います。
現在では奉書紙を敷くことがほ殆どです。
裏千家では、向かって左側に火入れをおきます。
(火入れの火は上面を左に傾ける)
灰吹は良くぬらして、少量の水を入れておきます
(灰吹きの樋を正面にして使用します)

【2代 赤尾隆斎】
1942年昭和17年      京都左京区生れ
1960年昭和35年      高校卒業後、父に師事(指物師)修業
1968年昭和43~1974年49年 各地で個展
1976年昭和51年      京都で指物工芸出品入賞
1985年昭和60年      茶道指物展入賞
 

サイズ 約縦18.2×横26.5×持ち手含む高24cm
約持ち手除く高8.3cm
作者 赤尾隆斎作
木箱
   (ス野江・50000)