【花器/茶道具 花入 置用】 朝鮮唐津焼き 耳付花入 徳沢守俊作(須惠窯)

花入 置用 朝鮮唐津焼き 耳付花入 徳沢守俊作(須惠窯)

花入 置用 朝鮮唐津焼き 耳付花入 徳沢守俊作(須惠窯)

【徳沢守俊】須惠窯
1943年昭和18年 京都生まれ
 福岡 黒田藩窯として隆盛した須恵窯(すえがま)を、昭和の時代に復興した須恵窯の作家
1967年昭和42年 玉川大学農学部卒
 師 12代 中里無庵(人間国宝)、13代 中里太郎右衛門に師事
 金重素山(県無形文化財)(1909~1995)、 人間国宝 金重陶陽の弟に茶陶を学び、さらに父成信(不洞庵)に茶陶を学ぶ
1972年昭和47年 福岡県須恵町皿山に割竹式登窯築窯、独立
 日本工芸会正会員 窯名 須恵窯
 

陶器(焼物)の花入

陶器の花入には渡り物と国焼があります。

やきもの花入いろいろ
焼物の花入は種類が多く、青磁・染付・彩磁などがあります。
中国から渡来した青磁は真の花入とされます。染付・赤絵はこれに次ぐものとされます。
国焼は瀬戸・高取・伊賀・信楽・備前・丹波・萩・唐津・楽などの京焼があります。
  • 釉がかかり形の格調高い物は行の花入に扱います。
  • 釉がかかってない土物は、草の花入とされます。

木地の薄板は水で濡らしよく拭ききって使用します。
備前・伊賀・信楽など釉のかかってない花入は事前によく水に濡らし、よく拭いて使用します。

 

花入の説明(敷板の説明)

薄板(三枚組花台)花入の下に敷く板を薄板といいます。
真塗矢筈板
かねの花入に使用・青磁等格調高い物を使用
塗り蛤端
釉のかかった焼物の花入れに使用
木地(杉)の蛤端
竹や釉のかからない焼物の花入に使用
丸香台
竹や釉のかからない焼物の花入に使用

掛物が一行物の時は床の下座(床柱のある方)に置くのが多い。

掛物が横軸の時は花入を中央に置くのが多い。

その他
板床や畳の床に置く籠花入には薄板は使用しません。
木地の薄板は水で濡らし拭ききって使用します。

関連商品

 
  

サイズ 約最大縦11×横11.5高20.6cm
約口部分縦9.9×横10.4×高20.6cm
約耳含む幅14.2cm
作者 徳沢守俊作(須惠窯)
木箱
   (野山江・242000)