【茶器/茶道具 炉釜(炉用釜)/置炉釜(置炉用釜)】 平丸霰 掛子蓋(かけご蓋) 佐藤清光作 釜鐶付

炉釜 置炉釜 平丸霰 掛子蓋(かけご蓋) 佐藤清光作 釜鐶付

炉釜 置炉釜 平丸霰 掛子蓋(かけご蓋) 佐藤清光作 釜鐶付


掛子蓋(かけごぶた)とは
茶湯釜の蓋の形状の一つで、蓋の縁が一段高くなり、釜の縁に掛け重ねて嵌るようにようになった蓋をいいます。

【6代 佐藤】
 明治の頃より茶の湯釜を造る
【8代 佐藤清光】
 日本工芸会正会員
1916年大正05年 山形市に生まれ
1953年昭和28年 日展に初入賞
1989年平成01年 斎藤茂吉文化賞受賞
1992年平成04年 勲六等瑞宝章受賞
1996年平成08年 死亡

釜は茶会の象徴です。
釜・茶の湯では一年が炉の季節・風炉の季節と大きく二つに分かれます。

利休七ヶ条~夏はすずしく冬はあたたかく~
炉は立冬の節に開け立夏に閉じるのが標準。

  • 西の芦屋釜・東の天命釜、そして京釜と移りその釜の亭主の心を松風の声として客をもてなします。
  • 釜の蓋のツマミ・鐶付・釜肌多数の見どころがあります。

【佐藤旺光(さとう・おうこう)】 1945年昭和20年 乙酉生
 日本工芸会正会員
1945年昭和20年 佐藤清光の長男として山形市に生
1967年昭和42年 拓殖大学商学部卒業後家業に入る
 釜師父・清光から茶の湯釜鋳造技術を習得
 師 横浜市在住の釜師・根来茂昌氏に師事する
1975年昭和50年 伝統工芸日本金工新作展入選(以来19回選)
1994年平成06年 淡交ビエンナーレ茶道美術展奨励賞受賞
1994年平成06年 日本新工芸家連盟東北会展 公募大賞受
2005年平成17年 旺光還暦華甲祝い3代の父子茶の湯釜展を
 日本橋三越本店で新しい茶道具の取り合わせ展」開く
------------------------------
【佐藤琢実(さとう・たくみ)】
1974年昭和49年 佐藤旺光の次男として山形市に生
1994年平成06年 米国留学後、 茶道裏千家入門
1997年平成09年 東北芸術工科大学美術学部彫刻科卒業
 横浜市在住の釜師・根来茂昌氏に師事する
2003年平成15年 坐忘斎お家元継承御祝い・全国委員会席お道具”朧銀三猿蓋置”制作
2005年平成17年 旺光還暦華甲祝い 父子3代の茶の湯釜を
  日本橋三越本店で新しい茶道具の取り合わせ展」を開く
2006年平成18年 プロダクトデザイナー黒川雅之デザイン「IRONY」製作
2008年平成20年 イタリア「ミラサローネ」、ニューヨークにおけ「K展」に「IRONY」出品