【茶器/茶道具 花入】 釣花入(吊花入) 舟形(舟型) 生野徳三造 印あり 此君亭工房(しくんていこうぼう) 銘「清新」 立花大亀付

【茶器/茶道具 花入】 釣花入(吊花入) 舟形(舟型) 生野徳三造 印あり 此君亭工房(しくんていこうぼう) 銘「清新」 立花大亀付

花入 釣花入(吊花入) 舟形(舟型) 生野徳三造 印あり 此君亭工房(しくんていこうぼう) 銘「清新」 立花大亀付

【生野徳三(しょうのとくぞう)】此君亭工房(しくんていこうぼう)
 父 生野祥雲斎 (人間国宝)
1942年昭和17年 大分市生
1964年昭和39年 武蔵野美術大学彫刻科卒、後、父 生野祥雲斎に師事(人間国宝)かたわら、此君亭工房のクラスト製作に従事
1974年昭和49年 父 祥雲斎の没後、作家活動に入り、総理府の依頼により、赤坂迎賓館「白竹一重切華入」謹作
1975年昭和50年 トキハデパートで個展、宇佐神宮の依頼により、宮内庁へ「白竹通筒華入」謹作
1979年昭和54年 第11回日展初入選、以後毎回入選
1980年昭和55年 第02回日本新工芸展初入選、以後毎回入選
1980年昭和55年 第01回九州新工芸展知事賞受賞
1981年昭和56年 第03回日本新工芸展奨励賞を受賞
1981年昭和56年 日本竹人介点に参加、以後、毎回出品
1982年昭和57年 東京美術青年会主催の食器展に参加
1984年昭和59年 第06回日本新工芸展奨励賞を受賞
1984年昭和59年 第10回明日をひらく日本新工芸展優秀賞を受賞
1985年昭和60年 東京高島屋で個展開催
1987年昭和62年 日本新工芸会、会員になる
1988年昭和63年 東京高島屋で個展開催

【立花大亀 (たちばな だいき)】大徳寺 塔頭 如意庵
1489年明治32年 大阪府堺市生まれ~2005年平成17年没
1921年大正10年 南宗寺で得度し、妙心寺専門道場で修行
(京都大徳寺塔頭(たっちゅう)の徳禅寺住職となる)
 大徳寺511世 大徳寺別院 徳禅寺住職などを経て、大徳寺宗務総長に就任・大徳寺派管長代務者
1982年昭和57年~1986年昭和61年まで花園大学学長
 大徳寺最高顧問。大徳寺 塔頭 如意庵庵主を務める
2005年平成17年8月25日遷化
--------------------------------------------------------
【如意庵】大徳寺 塔頭
 如意庵、大用庵、松源院を一院とする 。松源院の下に龍泉庵、養徳院が出る。
1972年昭和47年  511世 大龜宗雄(だいきそうゆう)が再興。
 大龜宗雄好み四畳半向切「玄庵(げんあん)」がある。
 住所 京都市北区紫野大徳寺町106-2
 

竹の花入

利休が伊豆韮山の竹で作ったのが始まり。
竹節を利用したり歪みやしみなど竹花入の見所です。尺八のような寸切・一重切・二重物など全体の姿・個性を
表現することが大切です。
竹は真竹の使用が多く、細工物に適しています。

籠花入

形の種類が多く歴代の御家元のお好や創造性のあるものが多く最も侘びた花入です。
籠花入には置籠が多く、他に手付・耳付・掛花入いろいろあります。

板床や畳の床に置く籠花入には薄板は使用しません。

花入の説明(敷板の説明)

薄板(三枚組花台)花入の下に敷く板を薄板といいます。

花入の説明(敷板の説明)

薄板(三枚組花台)花入の下に敷く板を薄板といいます。
真塗矢筈板
かねの花入に使用・青磁等格調高い物を使用
塗り蛤端
釉のかかった焼物の花入れに使用
木地(杉)の蛤端
竹や釉のかからない焼物の花入に使用
丸香台
竹や釉のかからない焼物の花入に使用

掛物が一行物の時は床の下座(床柱のある方)に置くのが多い。

掛物が横軸の時は花入を中央に置くのが多い。

その他
板床や畳の床に置く籠花入には薄板は使用しません。
木地の薄板は水で濡らし拭ききって使用します。

関連商品

 
  

竹の花入

利休が伊豆韮山の竹で作ったのが始まり。
竹節を利用したり歪みやしみなど竹花入の見所です。尺八のような寸切・一重切・二重物など全体の姿・個性を
表現することが大切です。
竹は真竹の使用が多く、細工物に適しています。

籠花入

形の種類が多く歴代の御家元のお好や創造性のあるものが多く最も侘びた花入です。
籠花入には置籠が多く、他に手付・耳付・掛花入いろいろあります。

板床や畳の床に置く籠花入には薄板は使用しません。

花入の説明(敷板の説明)

薄板(三枚組花台)花入の下に敷く板を薄板といいます。

花入の説明(敷板の説明)

薄板(三枚組花台)花入の下に敷く板を薄板といいます。
真塗矢筈板
かねの花入に使用・青磁等格調高い物を使用
塗り蛤端
釉のかかった焼物の花入れに使用
木地(杉)の蛤端
竹や釉のかからない焼物の花入に使用
丸香台
竹や釉のかからない焼物の花入に使用

掛物が一行物の時は床の下座(床柱のある方)に置くのが多い。

掛物が横軸の時は花入を中央に置くのが多い。

その他
板床や畳の床に置く籠花入には薄板は使用しません。
木地の薄板は水で濡らし拭ききって使用します。

関連商品

 
  

サイズ 約長30×約高8.5cm
作者 生野徳三造 此君亭工房(しくんていこうぼう)
上部に作者サインあり
素材 白竹
タガ:銀製(割れ留め)
   限定(酒・24200)