【茶器/茶道具 風炉釜】 鶴環付宝珠釜 般若勘渓作 釜環付

風炉釜 鶴環付宝珠釜 般若勘渓作 釜環付

【般若勘渓 (本名 昭三)】次男
1933年昭和08年 富山県高岡市生まれ
1449年昭和24年 父のよ吉の稼業を手伝う~以来研鑽する
1969年昭和44年 日本伝統工芸展初入選(以後、35回)
1972年昭和47年 日本工芸会正会員
1978年昭和53年 総本山善通寺済世橋の真言八宗文字入り:大擬宝珠製作
1986年昭和61年 人間国宝:香取正彦氏の梵鐘研修会受講
 宮内庁より正倉院御物の復元を依頼され砂張物や黄銅合子を制作
2003年平成15年高岡市伝統工芸産業技術保持者に指定される
 

サイズ 約直径(7寸1分)21.4×蓋除く高(5寸9分)17.8cm
作者 般若勘渓作
付属品 釜鐶付
木箱
   (ス野No443宝珠/大・256500)