【茶器/茶道具 抹茶茶碗 干支「丑」】 干支茶碗 数茶碗 天神と牛 栄山作 5客セット (干支牛 御題実) ☆☆

抹茶茶碗 干支茶碗 数茶碗 天神と牛 栄山作 5客セット

抹茶茶碗 干支茶碗 数茶碗 天神と牛 栄山作 5客セット


天神と牛…天満宮の御祭神・菅原道真と牛は切っても切れない関係があるため。
道真公は承和 12年6月25日乙丑の年に、ご生誕になりました。
延喜3年2月25日の丑の日に薨ぜられました。
「菅家聖廟略伝」には、菅公自ら遺言をされ、「自分の遺骸を牛にのせて人にひかせずに、その牛の行くところにとどめよ」とあり、その牛は、黙々と東に歩いて安楽寺四堂(現在太宰府天満宮)のほとりで動かなくなり、そこを御墓所と定めた、と書かれています。
ほかにも、 ・菅原道真が元服を迎えた夜、白い牛が角を傷めて死んでしまうという悪夢を見ましたことから、牛の絵を描いてお酒を供えて拝んだ。
・京都の北山でキノコ狩りを楽しんでいた道真のもとに子牛が近寄ってき、その子牛が道真にすごく懐(なつ)いたので、連れて帰って可愛がった。
・無実の罪で太宰府に左遷されることになった道真。太宰府に向かう途中、刺客(笠原宿禰など)に襲われ、このままでは命が危ないと、その瞬間、どこからか一匹の牛が飛び出してきて道真を救った。
・長良天神神社の御朱印。墨書きが”天満大自在天神”となっています。
菅原道真に与えられた神号(神としての称号)は「天満大自在天神」。
そして仏教において「大自在天神」は、
三つの眼を持ち
八本の腕があり
牛にまたがっている
こんな姿(八臂三眼)だとされています。
これらのエピソードから天満宮には牛が奉納されているというわけです。
 

注意
この商品は季節物ですので数量に限りがあります。
メーカーの方で在庫切れになり次第終了となります。
万が一売り切れの場合は、メールにてお知らせいたします。
申し訳ございませんがあしからずご了承下さいませ。

入数 5客セット
サイズ 約径11.6×高7.8cm
作者 栄山作
紙箱
   (干支R3/Y20-10中・16800)

 

【茶器/茶道具 抹茶茶碗 干支「丑」】 干支茶碗 数茶碗 天神と牛 栄山作 5客セット (干支牛 御題実) ☆☆
【茶器/茶道具 抹茶茶碗 干支「丑」】 干支茶碗 数茶碗 天神と牛 栄山作 5客セット (干支牛 御題実) ☆☆
商品コード: tyawann-254
【茶器/茶道具 抹茶茶碗 干支「丑」】 干支茶碗 数茶碗 天神と牛 栄山作 5客セット (干支牛 御題実) ☆☆

送料無料
干支 丑・牛
五客セット・5客組・五各組

関連カテゴリ:
節句の茶道具 > 干支・御題
節句の茶道具 > お正月・慶事の道具
茶道具
茶道具 > 国焼茶碗(色絵)
茶道具 > 国焼茶碗(色絵) > 年中無季(数茶碗)
販売価格:11,660
ポイント:1,060Pt