【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 乾山写し 松 内に梅 和田桐山作(琴浦窯)

抹茶茶碗 乾山写し 松 内に梅 和田桐山作(琴浦窯)

抹茶茶碗 乾山写し 松 内に梅 和田桐山作(琴浦窯)

【琴浦焼】
【和田桐山】琴浦窯
 窯名「大泉窯(琴浦窯の登録商標)」は裏千家15代 鵬雲斎大宗匠より賜る

1901年明治34年 和田九十郎が西宮大社村に開窯
 次男正兄(初代 桐山)が尼崎市東桜木町にうつって地名にちなみ琴浦窯と称したのが創始です
【初代 和田桐山(本名 正兄)】和田九十郎正隆の次男
1887年明治20年~1967年昭和42年
1901年明治34年 和田九十郎正隆が数寄者窯として西宮大社村に創窯
1910年明治43年 尼崎に移窯して琴浦窯といい、陶号を「桐山」を名乗る
1923年大正12年 五室の連房式登り窯を築窯し、翁草園の煎茶器、白磁、青磁、染付、金襴手など作陶
【2代 桐山(本名 正治)】和田九十郎正隆の三男
1897年明治30年~1977年昭和52年
 兄 正兄と共に作陶に従事、神戸御影の名和家に養子入籍していたが、初代没後2代 桐山を継承
【3代 桐山(本名 春雄)】初代の長女弘子と養子縁組
1917年大正6年~1994年平成6年
 日本画を牛尾桃里に学び、初代の下で作陶に従事、2代没後3代 桐山を名乗る
【4代 和田桐山(本名 正明)】
1947年昭和22年 尼崎に3代の長男に生まれる
1972年昭和47年 琴浦窯にて作陶を開始
1982年昭和57年~日本陶芸展、日本伝統工芸展に入選
1900年平成02年 日本伝統工芸展正会員認定
1996年平成08年 4代 桐山襲名
 大阪、東京、その他各地で襲名展開催
2006年平成18年 大丸心斎橋店にて桐山・泰明 父子展開催
2007年平成19年9月 フランス パリにて桐山 父子展開催
2008年平成20年3月15~4月20日 尼信博物館にて桐山歴代展開催
 大泉窯(琴浦窯の登録商標)
2000年平成12年8月 山梨県大泉村に興す
 窯名「大泉窯」は裏千家15代 鵬雲斎大宗匠より賜る

【次世代 和田泰明氏】
1974年昭和49年   正明氏の長男に生まれる
1995年平成07年   琴浦窯にて作陶を始める
2000年平成17年   2000cranes.comへ参加し外国(フランス等へ販売)
2001年平成18年   大丸心斎橋店にて父子展を開催
2001年平成18年12月 窯道具に関する特許取得
2003年平成20年11月 尼崎寺町にて【日仏造形美術フェスティバル展】、企画運営、お茶会開催
 

サイズ 約直径12.1×高7.6cm
作者 和田桐山作(琴浦窯)
木箱
   (ス礼り・318000)