【茶器/茶道具 煙草盆(莨盆)】 糸巻透煙草盆 掻合塗り (柿合わせ・柿合せ・柿合・掻き合せ・掻き合わせ・掻合わせ・掻合せ)

主(客)の位置の前に置く
煙草盆 糸巻透煙草盆 掻合塗り

煙草盆 糸巻透煙草盆 掻合塗り

【煙草盆の取り扱いに関して】
火入れに入れる灰は入れっぱなしにしないようにしてください。
煙草盆にはすぎはらという種類の紙や奉書紙を底に敷いて使います。
現在では奉書紙を敷くことがほ殆どです。
裏千家では、向かって左側に火入れをおきます。
(火入れの火は上面を左に傾ける)
灰吹は良くぬらして、少量の水を入れておきます
(灰吹きの樋を正面にして使用します)
 

サイズ 約縦17.4×横26×高10.6cm
紙箱
   (N92山申丸大・9680)
7世 如心斉好、檜黒塗糸巻透、青漆爪紅糸巻透、等があります。