【茶器/茶道具 掛軸(掛け軸)】 一行 春風生福寿 秋吉則州筆

掛軸 一行 春風生福寿 秋吉則州筆

掛軸 一行 春風生福寿 秋吉則州筆

掛軸 一行 春風生福寿 秋吉則州筆


春風生福寿(しゅんぷうふくじゅをしょうず) 
春風は人間界に福をもたらすという意味。
福寿は「福禄寿」に由来し、富と長寿に恵まれるようにとの願いを込めている。


【秋吉則州 (あきよしそくしゅう)】芳春院 臨済宗 大徳寺塔頭
1948年昭和23年 大分県大徳寺派光厳寺の三男一女の長兄として生 1967年昭和42年 東京都上野の広徳寺、福富雪底師のもとで小僧生活を送りつつ、駒澤大学に通う 1971年昭和46年 駒澤大学卒業 1972年昭和47年 京都大徳寺専門道場に掛搭(雲水修行)、中村祖順老師に参ずる 1984年昭和59年6月 芳春院副住職に就く。12月には専門道場を出て芳春院に入り、住職三重野荊山老師の看病につき看取る 1986年昭和61年 芳春院住職となり、現在に至る
---------------------------------------------------------------------------------
【芳春院】
臨済宗 大徳寺塔頭
慶長13年(1608年)に玉室宗珀(ぎょくしつそうはく)を開祖として加賀百万石の祖・前田利家の夫人・松子(まつ、芳春院)が建立。
法号をとって芳春院と名付け、前田家の菩提寺とした。
寛政8年(1796年)の火災により創建当時の建物が焼失するが、2年後に前田家11代の前田治脩によって再興された。
明治期には廃仏毀釈の嵐の中で荒廃するが、明治8年(1875年)になってようやく復興される。
 


サイズ 約本紙幅31.5×長138.5cm
作者 秋吉則州筆
木箱
   (ス礼大・88000)