【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 平茶碗 ねむの木 今岡妙見作

抹茶茶碗 平茶碗 ねむの木 今岡妙見作

抹茶茶碗 平茶碗 ねむの木 今岡妙見作


合歓木(ねむのき)
夜になると葉が合わさって閉じて(就眠運動)眠るように見えることに由来する。
中国においてねむのきは夫婦円満の象徴とされていることから。

【今岡妙見(本名 修三)】
1955年昭和30年 京都市上京区生まれ
1972年昭和47年 京都府立陶工高等技術専門校成形科卒業
    京都泉通寺の窯元に勤める
1977年昭和52年 師 原清和に師事
1981年昭和56年 京都 山科で開窯
 

サイズ 約直径15×高5.5cm
作者 今岡妙見作
化粧箱