【茶器/茶道具 花入 掛置兼用】 尺八 耳付花入 瀬戸釉 西尾香舟作 (掛け置き兼用花入れ・掛置兼用花入れ・掛け花入れ・掛花入れ・掛け用・掛用・置き花入れ・置花入れ・置き用・置用)

花入 尺八 耳付花入 瀬戸釉 西尾香舟作

花入 尺八 耳付花入 瀬戸釉 西尾香舟作

【西尾香舟(本名 茂)】号 香舟
 三軌会員
1950年昭和25年 滋賀県信楽町生まれ
        西尾彦四郎<本名 未代二>の三男
1969年昭和44年 信楽高校卒
1969年昭和44年 京都の手塚央氏に師事
1973年昭和48年 信楽にて家業の茶陶器製作
1983年昭和58年 信楽にて独立

陶器(焼物)の花入

陶器の花入には渡り物と国焼があります。

やきもの花入いろいろ
焼物の花入は種類が多く、青磁・染付・彩磁などがあります。
中国から渡来した青磁は真の花入とされます。染付・赤絵はこれに次ぐものとされます。
国焼は瀬戸・高取・伊賀・信楽・備前・丹波・萩・唐津・楽などの京焼があります。
  • 釉がかかり形の格調高い物は行の花入に扱います。
  • 釉がかかってない土物は、草の花入とされます。

木地の薄板は水で濡らしよく拭ききって使用します。
備前・伊賀・信楽など釉のかかってない花入は事前によく水に濡らし、よく拭いて使用します。

 

花入の説明(敷板の説明)

薄板(三枚組花台)花入の下に敷く板を薄板といいます。
真塗矢筈板
かねの花入に使用・青磁等格調高い物を使用
塗り蛤端
釉のかかった焼物の花入れに使用
木地(杉)の蛤端
竹や釉のかからない焼物の花入に使用
丸香台
竹や釉のかからない焼物の花入に使用

掛物が一行物の時は床の下座(床柱のある方)に置くのが多い。

掛物が横軸の時は花入を中央に置くのが多い。

その他
板床や畳の床に置く籠花入には薄板は使用しません。
木地の薄板は水で濡らし拭ききって使用します。

関連商品

 
  

サイズ 約縦4.6×横5.5×高23.5cm
作者 西尾香舟作
紙箱
     
【茶器/茶道具 花入 掛置兼用】 尺八 耳付花入 瀬戸釉 西尾香舟作 (掛け置き兼用花入れ・掛置兼用花入れ・掛け花入れ・掛花入れ・掛け用・掛用・置き花入れ・置花入れ・置き用・置用)
【茶器/茶道具 花入 掛置兼用】 尺八 耳付花入 瀬戸釉 西尾香舟作 (掛け置き兼用花入れ・掛置兼用花入れ・掛け花入れ・掛花入れ・掛け用・掛用・置き花入れ・置花入れ・置き用・置用)
商品コード: yakimonohanaire-12
【茶器/茶道具 花入 掛置兼用】 尺八 耳付花入 瀬戸釉 西尾香舟作 (掛け置き兼用花入れ・掛置兼用花入れ・掛け花入れ・掛花入れ・掛け用・掛用・置き花入れ・置花入れ・置き用・置用)

焼き物花入れ

関連カテゴリ:
茶道具
茶道具 > 花入
茶道具 > 花入 > 焼き物花入
販売価格:5,588
ポイント:508Pt