【茶器/茶道具 飾茶壺(飾壺)】 丹波焼き(立杭焼き) 市野信水窯 (網 交織・口覆仕服 交織・口紐 正絹付) (飾茶壷・飾壷・飾り茶壺・飾り茶壷・飾り壷・飾り壺)

丹波焼き(立杭焼き) 市野信水窯 (網 交織・口覆仕服 交織・口紐 正絹付)

丹波焼き(立杭焼き) 市野信水窯 (網 交織・口覆仕服 交織・口紐 正絹付)

丹波焼き(立杭焼き) 市野信水窯 (網 交織・口覆仕服 交織・口紐 正絹付)

丹波焼き(立杭焼き) 市野信水窯 (網 交織・口覆仕服 交織・口紐 正絹付)


装束とは
茶壷の付属品を装束といい、口覆(くちおおい)、口緒(くちお)、網、長緒(ながお)、乳緒(ちお)があります。
・口覆:茶壺の口を覆う布で、金襴、緞子、錦などの上質で厚みのある四角い切れの裏に塩瀬がついていて、菱なりに被せます。
・口緒:口覆の上から茶壷の口を固定する為に結ぶ紐で、四つ打になっている。
・網:茶壺をいれる袋で、紅か紫がり、蓋の上で結ぶようになっている。
・紐:長緒1本と乳緒2本からなる。
・壺飾紐: 3本で一組で、それぞれの長さは、並寸で7.6尺(約2.3m)2本と8.6尺(約2.6m)1本です。

口切の茶事とは
口切は、茶壺の口を切るの省略言葉
茶家の正月といわれる11月に、その年の茶壺の口を切り主客ともども寿ぎ祝う
数ある茶事の中でも、最も格式の高い茶事とされます。
壺飾りとは
開炉のころ、口切の茶事に行います。
この時、茶壺は蓋をしてその上に口覆を掛け、口緒を結びます。
網は単に茶壺を運ぶためのもの。

茶壺道中(ちゃつぼどうちゅう)
江戸初期の1632年(寛永)に将軍家光は、宇治の茶師に命じて作らせた将軍家直用のお茶を運ぶ「宇治採茶使」の一行を、「御茶壷道中」と呼ぶ

「日本六古窯の一つ丹波焼き (立杭焼)」
【初代 市野信水】
1932年昭和07年 丹波焼の陶村・立杭に生
 立杭の尾中に穴窯、登窯を築き、日展や日本伝統工芸展等で入選多数
 高松宮殿下へ茶入・茶碗の献上
 日本工芸会正会員
【2代 市野信水(本名 克明)】市野克
1957年昭和32年 丹波に初代信水の長男として生
1977年昭和52年 京都造形芸術大学卒業
1980年昭和55年 師 丹波にて初代信水のもとで研鑽
1991年平成03年 師 清水卯一主催 蓬莱会出展
1993年平成05年 日本工芸会正会員
2002年平成14年 2代市野信水を襲名
 丹波立杭にて作陶し受賞・個展多数
 

サイズ 約胴径20×蓋含高27cm
素材 口覆:交織
(柄は当店にお任せください)
紐・口紐:正絹(絹100%)
網:交織
作者 市野信水窯
木箱
   (有輪吉丸中)(・73700)

 

【茶器/茶道具 飾茶壺(飾壺)】 丹波焼き(立杭焼き) 市野信水窯 (網 交織・口覆仕服 交織・口紐 正絹付) (飾茶壷・飾壷・飾り茶壺・飾り茶壷・飾り壷・飾り壺)
【茶器/茶道具 飾茶壺(飾壺)】 丹波焼き(立杭焼き) 市野信水窯 (網 交織・口覆仕服 交織・口紐 正絹付) (飾茶壷・飾壷・飾り茶壺・飾り茶壷・飾り壷・飾り壺)
【茶器/茶道具 飾茶壺(飾壺)】 丹波焼き(立杭焼き) 市野信水窯 (網 交織・口覆仕服 交織・口紐 正絹付) (飾茶壷・飾壷・飾り茶壺・飾り茶壷・飾り壷・飾り壺)
【茶器/茶道具 飾茶壺(飾壺)】 丹波焼き(立杭焼き) 市野信水窯 (網 交織・口覆仕服 交織・口紐 正絹付) (飾茶壷・飾壷・飾り茶壺・飾り茶壷・飾り壷・飾り壺)
商品コード: kazaritubo-12
【茶器/茶道具 飾茶壺(飾壺)】 丹波焼き(立杭焼き) 市野信水窯 (網 交織・口覆仕服 交織・口紐 正絹付) (飾茶壷・飾壷・飾り茶壺・飾り茶壷・飾り壷・飾り壺)

送料無料
口切りの茶道具

関連カテゴリ:
節句の茶道具 > 紅葉・11月、口切りの茶道具
茶道具
茶道具 > 水屋道具
茶道具 > 茶席の準備(毛セン・野立傘・椅子・机その他)
販売価格:58,960
ポイント:5,360Pt