【茶器/茶道具 炉釜(炉用釜)】 霰尾垂釜 羽落ち 黄梅院伝来写し 般若勘渓作 釜鐶付き

炉釜 霰尾垂釜 羽落ち 黄梅院伝来写し 般若勘渓作 釜鐶付き

 


尾垂釜(おだれがま)
茶の湯釜の形状のひとつで、胴の下部が不規則な波形に欠けて垂れた形の釜です。
尾垂釜は、古芦屋や古天明など、古い釜の下部が腐食して破損したものを、その部分を打ち欠いて取除き、新しくひと回り小さな底に付け替えたとき、打ち欠いた個所を不揃いのまま残したところからの形態で、後には始めから尾垂の形を作っています。

【般若勘渓 (本名 昭三)】次男
1933年昭和08年 富山県高岡市生まれ
1449年昭和24年 父のよ吉の稼業を手伝う~以来研鑽する
1969年昭和44年 日本伝統工芸展初入選(以後、35回)
1972年昭和47年 日本工芸会正会員
1978年昭和53年 総本山善通寺済世橋の真言八宗文字入り:大擬宝珠製作
1986年昭和61年 人間国宝:香取正彦氏の梵鐘研修会受講
 宮内庁より正倉院御物の復元を依頼され砂張物や黄銅合子を制作
2003年平成15年高岡市伝統工芸産業技術保持者に指定される
 

サイズ

約直径26×蓋含全高23.5cm
本体高18.5cm
炉釜口12.3cm

作者 般若勘渓作
付属品 釜鐶付き
注意 製作の都合上写真と釜蓋のつまみが変わることがあります。
   (仕野目丸大・392800)