☆【茶器/茶道具 風炉釜(風炉用釜)】 尾垂釜 羽落ち 竹地紋 菊池政光作 釜鐶付

風炉釜 尾垂釜 羽落ち 竹地紋 菊池政光作 釜鐶付

風炉釜 尾垂釜 羽落ち 竹地紋 菊池政光作 釜鐶付


尾垂釜(おだれがま)
茶の湯釜の形状のひとつで、胴の下部が不規則な波形に欠けて垂れた形の釜です。
尾垂釜は、古芦屋や古天明など、古い釜の下部が腐食して破損したものを、その部分を打ち欠いて取除き、新しくひと回り小さな底に付け替えたとき、打ち欠いた個所を不揃いのまま残したところからの形態で、後には始めから尾垂の形を作っています。

【菊池政光】>
 山形在住の釜師
 高橋敬典に師事
 奥州山形鋳物の伝統を受け継ぐ作家
1937年昭和12年1月19日生まれ。山形県出身
 日本伝統工芸展に1973年の初入選以来、10回以上の入選を果たす
 第五回伝統工芸武蔵野店では日本工芸界東京支部賞を受賞
 伝統工芸日本金工展では12回の入選歴を持つ
1982年昭和57年 日本伝統工芸士に認定される
 日本工芸会正会員
1991年平成03年山形市技能功労賞受賞
1998年平成10年山形県卓越技能者表彰
2002年平成14年伝統工芸品功労者表彰
 日本金工新作展15回入選
 

サイズ 約直径23×高15.5cm
炉釜口10.3cm
作者 菊池政光作
付属品 釜鐶付き
注意 製作の都合上写真と釜蓋のつまみが変わることがあります。
   (有山礼吉12-+10大礼目No53宮・129800)