【茶器/茶道具 水指(水差し)】 雪洞(ぼんぼり) 六角 橋本永豊作

水指 雪洞(ぼんぼり) 六角 橋本永豊作

水指 雪洞(ぼんぼり) 六角 橋本永豊作

【橋本永豊】
1969年昭和44年 生まれ
1997年平成09年 同志社大学商学部卒業
2001年平成13年 京都市立工業試験場、伝統産業技術者研修「陶磁器釉薬コース」終了
2003年平成15年 京都府立陶工高等技術専門校、陶磁器成形科終了
2003年平成15年 「永豊」を継承
 京都府陶磁器協同組合「青年部」に所属
 

水指(水器)-釜に補給する水や茶碗・茶筌などをすすぐための水を貯えておく器物

炉・風炉の火の陽の対して水指の水を陰とします。
台子皆具の水指は本来唐物に始まり点前作法の変遷とともに皆具からはなれ銅の水指についで南蛮や国焼の備前・信楽・楽焼や京焼などの焼き物が用いられ、さらに木地釣瓶や曲などの新しい素材や形が造られた。



サイズ 約口幅17.4×蓋除く高19.3cm
蓋含む高15.8cm
作者 橋本永豊作
木箱
   (R2/限/野礼岡・48400)