【茶器/茶道具 炭道具】 炭斗(炭取り) 桜皮曲炭斗 玄々斎好写し 上杉満樹作 国産製

炭斗(炭取り) 桜皮曲炭斗 玄々斎好写し 上杉満樹作 国産製

炭斗(炭取り) 桜皮曲炭斗 玄々斎好写し 上杉満樹作 国産製

【満樹工房】
 満樹工房は京都東山区で明治期に始まり継承しています。
【初代 上杉峯吉】
【2代 上杉満樹(本名 満)】
1916年大正05年生れ
1974年昭和49年   京都府漆器工芸協同組合設立以来、理事
1975年昭和50年   第2回伝統工芸技術者コンクール優秀賞受賞
1977年昭和52年   京都府伝統産業優秀技術者、表彰(匠会:会員)
1981年昭和56年~60 知事賞、市長賞受賞
1984年昭和59年   伝統工芸士に認定される
1989年平成01年   京都府漆器工芸協同組合:副理事長
1990年平成02年01月 全国伝統工芸展:会長賞(金賞)
1990年平成02年 1990年平成02年04月 勲7等青色桐葉章 叙勲
1991年平成03年   理事賞
【3代 上杉満樹 (本名 学)】
1967年昭和42年   京都日吉ヶ丘高等学校美術工芸漆芸科卒業
 師 父満に木工技術を師事 1984年昭和59年頃より個展・展示会多数
1989年平成01年   京都府工芸技術者コンクール優勝受賞
1990年平成02年   日本煎茶工芸展、文部大臣奨励賞受賞
1991年平成03年   日本煎茶工芸展、日本煎茶工芸協会賞受賞
1998年平成10年   伝統工芸士認定
2000年平成12年   漆器工芸組合、京都商工会議所会頭賞受賞
【4代 上杉學帥(がくすい)】
2003年平成15年   高岡クラフト展入選
2005年平成17年   石川県轆轤技術研修所卒
2008年平成20年   香川県漆芸研究所卒
2008年平成20年04月 満樹工房に従事
2012年平成24年   第59回日本伝統工芸展近畿展入選
2013年平成25年   第60回関西美術展入選
 

 

サイズ 約直径28×高6.6cm
素材 胴桜皮張
国産製
作者 2代 上杉満樹作
木箱
   (限山申大)(・88880)