【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 楽茶碗 ノンコウ写 葵御紋写茶碗 佐々木虚室作 (帰来窯)

抹茶茶碗 ノンコウ写 葵御紋写茶碗 佐々木虚室作

葵御紋茶碗(あおいごもんぢゃわん)
楽家3代の道入(通称ノンコウ)によって焼かれた白の楽茶碗で、葵の紋が絵付けされている。
寛文8年(1668)3月2日、江岑宗左が主君の徳川頼宣に茶を献じた際に用いられた。
紀州徳川家より江岑が拝領し、現在、表千家に伝わっている。
現在は表千家家元の「初釜」で使用されています。

【佐々木虚室】帰来窯
1905年明治38年 初代窯 佐々木吉之介
 清水寺門前に「昭楽窯」を開き百有余年
【初代 佐々木虚室(輝夫)】
1935年昭和10年 京都生まれ
1996年平成08年 還暦の頃 初代 佐々木虚室を襲名
 当窯3代目 佐々木輝夫が、大徳寺第14代管長 福富雪底老師より、窯名「来来」・陶名「虚室」を賜る
【2代 佐々木虚室(大和)】 4代松楽 帰来窯
1964年昭和39年 京都府亀岡市に生まれ
1980年昭和55年 京都市立銅駝美術工芸高等学校陶芸科に入学
1983年昭和58年 大阪芸術大学芸術学部工芸学科に入学
1985年昭和60年 京都府立陶工職業訓練校に入校
1986年昭和61年 同校修了の後、父佐々木虚室(輝夫)のもと技術習得に励む
2011年平成23年 当窯4代目 佐々木大和が「2代 佐々木虚室」を襲名
2015年平成27年 当窯百十周年を機に2代 虚室の監修の元集大成「帰来窯」作品を発表

楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!!
熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。
<五山の口造りで幽玄の世界を表現>しています。

利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。

抹茶茶碗 ノンコウ写 葵御紋写茶碗 佐々木虚室作 成形のぐあいを作行きといい、まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。
抹茶茶碗 ノンコウ写 葵御紋写茶碗 佐々木虚室作  
抹茶茶碗 干支茶碗 黒楽茶碗 亥の字 佐々木松楽作 作者印のある高台は見どころの要です。土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。 井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

サイズ 約直径13.8×高6.8cm
作者 佐々木虚室作(帰来窯)
木箱
注意 楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。
楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。
   展(限大・167400)