【茶器/茶道具 香合】 葛蒔絵(薄に葛) 紅梅面取 福田芳朗作

香合 葛蒔絵(薄に葛) 紅梅面取 福田芳朗作

香合 葛蒔絵(薄に葛) 紅梅面取 福田芳朗作

【福田芳朗(本名 芳雄)】
193年昭和07年 生まれ
1946年昭和21年 15歳で師:父の栄次郎より挽き物工芸技術の指導を受ける
1970年昭和45年 唐木・煤竹の材で寿輪挽き込み象嵌棗を制作
 重要無形文化財保持者氷見晃堂氏よりデザインの指導を受ける
 石川県山中温泉市
1979年昭和54年 日本工芸会正会員 山中漆器 ろくろ挽きの名工
1985年昭和60年 日本工芸会総裁賞(高松宮殿下)受賞
 皇太子ご夫妻御高覧の上、寿輪挽き込み象嵌技法をご説明申し上げる
 

サイズ 約直径7.3×高2.6cm
作者 福田芳朗作
木箱
   (吉0丸大・16960)