【茶器/茶道具 建水】 膳所焼き 腰蓑(腰みの) 岩崎新定作(陽炎園窯) 遠州七窯の一

建水 膳所焼き 腰蓑(腰みの) 岩崎新定作(陽炎園窯) 遠州七窯の一

建水 膳所焼き 腰蓑(腰みの) 岩崎新定作(陽炎園窯) 遠州七窯の一

建水の分類 建水と蓋置は台子の皆具のひとつで唐銅が本来でした。
建水は 茶碗をすすいだお湯や水を捨てる容器で「こぼし」ともいいます。
材質は古くからある唐銅・砂張・モールなどのほか陶磁器のもの、木地の曲物などがあります
分類に決りはありませんが、建水は7種の分類されます。
大脇差(おおわきざし) 利休所持の黄瀬戸、一重口の筒形のもなど
差替 大脇差の小版で、利休所持の楽焼。
一重口の筒形で捻貫(ねじぬき)など
棒の先(ぼうのさき) 円筒形で底にやや丸みがあって、駕籠などの担い棒の先端につける金具みたいに見えるところから名前が来ている。
槍鞘(やりのさや) 寄せ口の円筒形で、蓋置は吹貫のものを柄杓の柄に刺通して持ち出す。
箪瓢(たんぴょう) 上が大きく下が小さく膨らんだ形のもので、茶入・水指・釜にも同じ形がある。
餌畚(えふご) 袋形で上部が開いた形で、鷹匠がもつ鷹の餌入れに形状が似ている。
鉄盥(かなだらい) 口が広く浅くて背の低いもの。
卓下建水は「鉄盥(かなだらい)」という形(なり)の建水で、茶巾盥の小を小卓の地板に飾ったものが最初とされます。
その他 このほかには、曲建水「鉄鉢(てっぱつ)・面桶(めんつう)」や「菊割(きくわり)」「四方」などがあります。

【初代 岩崎健三】膳所の人
 明治生まれ
1919年大正08年 山元春挙画伯とはかり再興
【2代 岩崎新定】初代健三の長男
1913年大正02 年生まれ
 京都高等工芸学校陶磁器科卒
1987年昭和62年 膳所焼美術館を設定
1985年昭和60年 滋賀県伝統的工芸品指定
1991年平成03年 通産省より伝統産業功労者表彰
2010年平成22年 現在尼膳所焼で製陶中
 現在、染付・赤絵等いろいろな物が製作される。代表作 茶入「大江山」
-----------------------------------------
【陽炎園】
 現在遠州七窯の一つに数えられる。
 日本画家 山元春挙画伯が「東海道名所絵図」にも描かれた名勝「陽炎の池」が庭内にあることから命名された。
 当時、小堀遠州は近江奉行であったことなどから、遠州の指導が考えられる。
 遠州好みの茶入として「大江山」「白雲」が有名。
 

遠州七窯とは
(世界大百科事典 第2版より)
江戸時代中期の茶人、小堀遠州(1579-1647)が、自分好みの窯として、切型などを送って造らせたとされる茶道具の窯七ヶ所に対する呼称
遠州七窯が説かれるようになるのは江戸時代後期かららしく、1854年(安政1)刊の《陶器考》では、瀬戸を除いた国焼に限り、志戸呂、上野(あがの)、朝日、膳所(ぜぜ)、高取、古曾部、赤膚の諸窯をあげている。
しかし、朝日・古曾部・赤膚は遠州の活動期以後の窯である。
他方、松平不昧が著した瀬戸陶器濫觴(らんしよう)では、遠州時代の国焼として高取・薩摩・肥後・丹波・膳所・唐津・備前の7窯をあげており、これらの窯は遠州時代に活動していた窯であった。

サイズ 約直径13.8×高10.5cm
作者 岩崎新定作[陽炎園窯(遠州七窯の一)]
木箱
   (野礼中)(・37050)