【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 古曾部焼き 安南 釈尊図 寒川義崇作 遠州七窯の一

抹茶茶碗 安南 釈尊図 寒川義崇作 古曾部焼

抹茶茶碗 安南 釈尊図 寒川義崇作 古曾部焼

【寒川義崇】義崇窯(遠州七窯の一、古曾部焼きの窯元)
1979年昭和54年 高槻の水無瀬川沿いに開窯
1951年昭和26年 紀州焼葵窯、初代寒川栖豊の末子に生
1972年昭和47年 大阪芸術大学芸術学部(陶芸専攻)を卒業
 師 初代栖豊に学ぶかたわら、同大学副手として勤務
1974年昭和49年 大阪美術倶楽部・市田朝芳庵のもとで茶道具と古美術の勉強に入る
1978年昭和54年 秋 高槻市川久保の地に登り窯を築窯
1979年昭和55年 春 茶陶「義崇窯」として古曽部焼を再興する
------------------------------------------------------------------
現在遠州七窯の一つに数えられる。
日本画家 山元春挙画伯が「東海道名所絵図」にも描かれた名勝「陽炎の池」が庭内にあることから命名された。
当時、小堀遠州は近江奉行であったことなどから、遠州の指導が考えられる。
遠州好みの茶入として「大江山」「白雲」が有名。
 

サイズ 約直径11.8×高8.4cm
作者 寒川義崇作
木箱
   (ス礼酒・90800)