【茶器/茶道具 建水】 口糸目建水 淡々斎好写し 唐銅 般若勘溪作 約550g

建水 口糸目建水 淡々斎好写し 唐銅 般若勘溪作 約550g

建水 口糸目建水 淡々斎好写し 唐銅 般若勘溪作 約550g


建水
皆具のひとつで唐銅が本来でしたが、茶碗をすすいだお湯や水を捨てる容器で「こぼし」ともいいます。
袋状で上部が開いた形の「エフゴ」がもっとも多い。
エフゴは餌畚とも書かれ、鷹匠が用いる餌入れに形が似ていることからの命名。
七種建水の一つに数えられています。
(その他は棒の先・槍の鞘・箪瓢・鉄盥・差替・大脇差)

【般若勘溪(本名 昭三)】鋳物師
1933年昭和08年 癸酉生まれ
1949年昭和24年 父のよ吉の稼業を手伝う~以来研鑽する
1969年昭和44年 日本伝統工芸展初入選(以後、35回)
1972年昭和47年 日本工芸会正会員に認定される
1978年昭和53年 総本山善通寺済世橋の真言八宗文字入り:大擬宝珠製作
1986年昭和61年 人間国宝:香取正彦氏の梵鐘研修会受講
 宮内庁より正倉院御物の復元を依頼され砂張物や黄銅合子を制作
2003年平成15年 高岡市伝統工芸産業技術保持者に指定される
----------------------------------------
【般若茂雄】長男 伝統工芸士
1928年昭和03年 生まれ
1948年昭和23年より父与吉の営む双型鋳造に従事
1973年昭和48年に家業を継承。業界活動に積極的参加し業界発展に尽力する
1983年昭和58年 伝産協会指定:伝統工芸士に認定される(双型鋳造部門)
1990年平成02年 高岡市伝統工芸産業保持者に認定(双型鋳造部門)
----------------------------------------
【般若保】三男
 日本工芸会正会員
1941年昭和16年 生まれ
1959年昭和34年より父与吉の営む惣型鋳造に従事
1969年昭和44年より鋳金家中村義一氏に惣型、箆押し、挽き型、変形法を習う
 第40回日本伝統工芸展総裁賞受賞
 第3回香取正彦賞受賞
 宮内庁献上品制作「吹分花瓶」
 第5回佐野ルネッサンス鋳金展 大賞: 轆轤行程複製された砂波理加盤

重量 重約550g
サイズ 約直径14.5×高8.3cm
素材 唐銅
作者 般若勘溪作
木箱
   (輪山丸大)(・51890)

 

【茶器/茶道具 建水】 口糸目建水 淡々斎好写し 唐銅 般若勘溪作 約550g
【茶器/茶道具 建水】 口糸目建水 淡々斎好写し 唐銅 般若勘溪作 約550g
商品コード: kennsui-45
【茶器/茶道具 建水】 口糸目建水 淡々斎好写し 唐銅 般若勘溪作 約550g

送料無料
淡々斉好写し
唐銅建水・唐金建水

関連カテゴリ:
茶道具
茶道具 > 建水(桑下建水)
販売価格:42,240
ポイント:3,840Pt