【茶器/茶道具 花入れ】 砂張 輪華 一ノ瀬宗辰作

花入れ 砂張 輪華 一ノ瀬宗辰作

砂張とは
銅を主体に錫を加え、銀、鉛を少量含んだ合金

【初代 一ノ瀬長太郎】 1875年明治08年 鋳銅職として業を起こす
【2代 宗右衛門(宗真)】
1890年明治23年 滋賀県能登川町の「亀文堂」波多野正平氏(現在京都の畑象六氏の本家)の隠れ職方になり、明治、大正、昭和初期に活躍
 この間、日英同盟博覧会にて金賞、万国博、商工展、文展、帝展等々で特選、大賞を受賞
 宗辰(辰男)師 先代宗真を継承し、幼少期に京都にて修行し、古銅器、及び茶器、花器の金工と着色の粋を学びました。
 後、日本美術茶器花器振興展に出品
1963年昭和38年・48年 文部大臣賞を受け、富山作家協会会員、高岡市美術作家連盟会員、高岡美術友の会の理事を務める
【4代 一ノ瀬宗辰(本名 新太郎)】金工師
 先代宗辰を襲名

金(かね)製の花入いろいろ

古銅・唐銅・砂張・青銅などの種類があります。銅に鉛・錫・亜鉛などを混ぜて造られ、その合金の度合いにより
いろいろ肌の変化を楽しみます。さらに、形や彫紋様に注意します。

古銅花入には盆を添える場合もあります。ソロリかね花入に(ソロリ盆)

  • 花入を真・行・草に分ける見方の時、かね花入は真の花入として使用されます。
  • かねの花入の口造りは多く、細口・鰐口・菱口・百合口・桔梗口・柑子口・四方口等、種々の形があります。
  • 花入の耳にも種々あります。遊・不遊環・象耳・龍耳・鳳凰耳・鯉耳・管耳等あります。

花入の説明(敷板の説明)

薄板(三枚組花台)花入の下に敷く板を薄板といいます。
真塗矢筈板
かねの花入に使用・青磁等格調高い物を使用
塗り蛤端
釉のかかった焼物の花入れに使用
木地(杉)の蛤端
竹や釉のかからない焼物の花入に使用
丸香台
竹や釉のかからない焼物の花入に使用

掛物が一行物の時は床の下座(床柱のある方)に置くのが多い。

掛物が横軸の時は花入を中央に置くのが多い。

その他
板床や畳の床に置く籠花入には薄板は使用しません。
木地の薄板は水で濡らし拭ききって使用します。

関連商品

 
  

サイズ 約口径3.8×最大直径胴14×高30.4cm
作者 一ノ瀬宗辰作
素材 砂張製
木箱
   (瀬・194400)