【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 赤楽茶碗 臨済茶碗写し 佐々木昭楽作 極上品角印 (利休七種茶碗の内 利休所持 長次郎作写し)

お運びのお点前に

蓋置 竹蓋置一双 染竹 小林太玄付 影林宗篤作

蓋置 竹蓋置一双 染竹 小林太玄付 影林宗篤作

【小林太玄】黄梅院 大徳寺塔頭
昭和13年 奉天生まれ
昭和36年 花園大学卒業
 相国僧堂に掛塔 大津暦堂に参禅
昭和50年 大徳寺塔頭 20世 黄梅院に就任
------------------------------
【影林宗篤(本名 清一)】
昭和21年 奈良県生駒山に生まれる
昭和40年 稼業の茶道竹工芸を学ぶ
昭和45年 以降 三玄院 故、藤井誠堂老師や黄梅院の故、宮西玄性老師の指導を受ける

抹茶茶碗 赤楽茶碗 臨済茶碗写し 佐々木昭楽作 極上品角印 (利休七種茶碗の内 利休所持 長次郎作写し)
赤楽茶碗「臨済」(りんざい)とは
長次郎七種[ちょうじろうしちしゅ]の一つ。(楽長次郎作の茶碗から千利休が七種を選んだもの)
長次郎七種…赤楽 検校(けんぎょう)
      早船(はやふね)
      木守(きまもり)
      赤楽 臨済(りんざい)
      黒楽 大黒(おおぐろ)
      東陽坊
      鉢開(はちひらき)
本歌の利休所持は楽家初代 長次郎の代表作品とされています。
銘は「臨済」とあり、本作は、伝来不詳とされ本物は紛失しています。
長次郎作ではなく、織田有楽斎作である疑いがありますが、もはや知るよしもありません。
名の由来は飲み口の景色(焼き破れが5ケ所)が京都臨済宗の五山を連想させる為だと言われています。
伝来は、利休所持-織田監物所持

【佐々木昭楽】
祖父は京 清水坂に築用
1944年昭和19年 京都府亀岡市生まれ。
1962年昭和37年 3代 松楽を継承
 出口王仁三郎師や大徳寺元11代管長(504世)小田雪窓師(1901~1966)の知遇を得て再び44年亀岡に開窯する。
 2代 昭楽に師事現在にいたる

楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!!
熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。
<五山の口造りで幽玄の世界を表現>しています。

利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。

抹茶茶碗 淡赤楽茶碗 桜 佐々木松楽作 成形のぐあいを作行きといい、まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。
抹茶茶碗 淡赤楽茶碗 桜 佐々木松楽作
抹茶茶碗 淡赤楽茶碗 桜 佐々木松楽作 作者印のある高台は見どころの要です。土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。 井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

●赤楽茶碗 臨済(りんざい)…伝来不詳とされ本物は紛失しています。
名の由来は、飲み口の景色(焼き破れが5ケ所)が京都臨済宗の五山を連想させる為だと言われています。


サイズ:約直径11.8×高8.5cm
作者佐々木昭楽作
----------
祖父は京 清水坂に築用
昭和19年 京都府亀岡市生まれ。
昭和37年 3代 松楽を継承
 出口王仁三郎師や大徳寺元11代管長(504世)小田雪窓師(1901~1966)の知遇を得て再び44年亀岡に開窯する。
 2代 昭楽に師事現在にいたる
----------
作者:佐々木昭楽作(極上品角印)
箱:木箱
注意:●楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。
    ●楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 赤楽茶碗 臨済茶碗写し 佐々木昭楽作 極上品角印 (利休七種茶碗の内 利休所持 長次郎作写し)
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 赤楽茶碗 臨済茶碗写し 佐々木昭楽作 極上品角印 (利休七種茶碗の内 利休所持 長次郎作写し)
商品コード: rakutyawann-102
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 赤楽茶碗 臨済茶碗写し 佐々木昭楽作 極上品角印 (利休七種茶碗の内 利休所持 長次郎作写し)

送料無料
赤楽焼き
初代長次郎が造った利休撰の利休七種の内の利休所持写

関連カテゴリ:
茶道具
茶道具 > 黒楽茶碗
販売価格:33,000
ポイント:3,000Pt