【茶器/茶道具 香合】 桜 吉村楽入作(楽入窯)

香合 桜 吉村楽入作(楽入窯)

香合 桜 吉村楽入作(楽入窯)


お花見(桜を見て遊び楽しむこと)
【隅田川堤の吉原の花見とは】吉原では桜の季節になると、メーンストリートに桜の木々をわざわざ植樹して、盛大に花見をしたものだった。(浮世絵師:鳥居清長図)
万葉集には桜を詠んだ歌が43種謳われています。
(ブリタニカ大百科辞典より)
元来日本の花見は,農耕生活に結びついた「サクラ (穀霊の憑〈よ〉りつく神座の意。サクラに限らなかった) 」の花の花鎮 (しず) めに発したもので,人々の生活に根ざした宗教的行事でした。

【2代 吉村楽入】(京都楽窯会所属)
1929年昭和04年 京都市に生まれる
1948年昭和23年 京都府陶工訓練所終了
 名人 初代 父の吉村甚四郎氏に師事、楽入を継承
1985年昭和60年4月同会会長に就任
【3代 吉村楽入(本名 重生)】
1959年昭和34年 京都おまれ
1982年昭和57年 同志社大学経済学部卒
1983年昭和58年 京都市工業試験場伝統産業後継者育成陶芸コース終了
1984年昭和59年 京都府陶工訓練校成形科卒
 師祖父・父 楽入に師事
1989年平成01年より「楽入窯」創始・主宰
2000年平成12年 【重生】印を泉涌寺熊谷龍尚和尚より拝領
2001年平成13年 伝統工芸士認定
2004年平成16年 萬福堂 3代 吉村楽入を襲名
 

サイズ 約直径6×高2.7cm
作者 3代 吉村楽入作
紙箱
   (N286/5-108有山申礼大・8676)