【懐石道具(会席道具)盃(杯)】 引盃(引杯・引き盃・引き杯) 朱杯 本漆塗り 宝珠蒔絵&七宝蒔絵 木製 2枚セット 前端雅峰工房

懐石道具 引盃(引杯・引き盃・引き杯) 朱杯 本漆塗り 宝珠蒔絵&七宝蒔絵 木製 2枚セット 前端雅峰工房

懐石道具 引盃(引杯・引き盃・引き杯) 朱杯 本漆塗り 宝珠蒔絵&七宝蒔絵 木製 2枚セット 前端雅峰工房

懐石道具 引盃(引杯・引き盃・引き杯) 朱杯 本漆塗り 宝珠蒔絵&七宝蒔絵 木製 2枚セット 前端雅峰工房

【前端雅峰】
1936年昭和11年 木地師 前端春斎の長男に生れる
1961年昭和36年 村田道寛師に茶道漆芸、中村長寛師に石地塗、保谷美成師にに加賀蒔絵を学ぶ
1973年昭和48年 大徳寺金毛閣重要文化財解体修理の古材にて棗を製作
  同時に瑞峰院、吉口桂堂老師より「雅峰」の号を賜る
1983年昭和58年 山中温泉に財団法人「無限庵」(石川県指定重要文化財)を設立
1989年平成元年 東京美術倶楽部の茶席静清庵を財団法人無限庵に移築
2004年平成16年 金閣寺「常足亭」の茶室建築の漆工部門を拝任
 塗師 伝統工芸士・無限庵博物館館長
 

入数 2枚セット
サイズ 約直径9.6×高2.6cm
作者 前端雅峰工房
木箱
   (ス野酒・13500)