【茶器/茶道具 香合】 竜谷焼き 桑 久寿家 (葛屋) 宮川香雲作(先代作)

香合 竜谷焼き 桑 久寿家 (葛屋) 宮川香雲作(先代作)

香合 竜谷焼き 桑 久寿家 (葛屋) 宮川香雲作(先代作)


葛屋とは
葺(くさぶ)きの屋根。また、その家。草屋。茅(かや)屋。
藁わら・茅かやで葺ふいた屋根。また、その家。

【初代 宮川香雲】3代 宮川香斎の子供
 眞葛 宮川香斎家から分家して龍谷窯を開窯
【2代 宮川香雲】
1938年昭和13年 京都府生まれ
1980年昭和55年 襲名
 2代 香雲は、真葛香斎の甥に当たり、6代 清水六兵衛に師事
 陶芸家クラブに所属、昭和43年退会し独自に歩む
 昭和57年 京都高島屋で襲名展
 次代の作家として宮川鉄司氏が作品を制作中
 

サイズ 約幅6.7×奥4×高5cm
作者 宮川香雲作
木箱
   (ウ)(62800)