【茶器/茶道具 水指】 染付金襴手 西尾瑞豊作

水指 染付金襴手 西尾瑞豊作

水指 染付金襴手 西尾瑞豊作

【3代 西尾瑞豊 (本名 信重)】
1902年明治35年 初代、瑞豊(豊)、岐阜県に生まれる
1917年大正06年 瀬戸市にて陶磁器の製造販売に従事
1923年大正12年 前身の西尾商店を創業
1929年昭和04年 四日市に移り、花器・茶陶器を専門に扱う
1931年昭和06年 二代瑞豊(雄致)生まれる
1952年昭和27年 初代に師事
1955年昭和30年 第一回日芸展開催、以降、文部大臣賞、通産大臣賞等、複数回受賞
1960年昭和35年 3代 瑞豊(信重)生まれる
1983年昭和58年 雄致氏が、2代目を襲名
 重信氏が大阪にて修業後、2代目に師事する
1990年平成02年 重信氏は日芸展終了後も、若手作家の育成を計る
2001年平成13年 重信氏3代目を襲名(以後、現在も研鑽中)

水指(水器)-釜に補給する水や茶碗・茶筌などをすすぐための水を貯えておく器物

炉・風炉の火の陽の対して水指の水を陰とします。
台子皆具の水指は本来唐物に始まり点前作法の変遷とともに皆具からはなれ銅の水指についで南蛮や国焼の
備前・信楽・楽焼や京焼などの焼き物が用いられ、さらに木地釣瓶や曲などの新しい素材や形が造られた。



サイズ 約直径15.8×高17.6cm
蓋部分直径14.9cm(約5寸)
作者 西尾瑞豊作作
木箱
   (限定野吉西・41100)