【茶器/茶道具 炉釜】 園城寺霰釜 芦屋写し 加藤忠三郎作 釜鐶付

12代 加藤忠三郎
●置炉用におすすめ

炉釜 園城寺霰釜 芦屋写し 加藤忠三郎作 釜鐶付

炉釜 園城寺霰釜 芦屋写し 加藤忠三郎作 釜鐶付

【12代 加藤忠三郎(本名 了三)】釜師
 尾張藩:御釜師
1948年昭和23年1月生まれ
   師 角谷一圭・斎藤明氏に師事
1982年昭和57年 師 11代忠三郎より釜場を継承
1991年平成03年 12代忠三郎を襲名
   現在 日本鋳金家協会会員・金鱗会の会員
【13代 加藤忠三郎(本名 大忠)】12代の長男
2013年平成25年より 1974年昭和49年   12代 加藤忠三朗の長男として生まれる
1999年平成11年   愛知県立芸術大学美術学部日本画専攻卒業
2001年平成13年   同大学美術研究科日本画専攻修了
    師 重要無形文化財(鋳造)の斎藤明に師事又、父の12代忠三郎に師事
2013年平成25年03月 13代加藤忠三郎を襲名
          同時に名古屋・三越にて襲名記念展を開催す
 

サイズ

約直径27.4×全高19cm(蓋除15.7cm)
炉釜口:11.3cm

作者 加藤忠三郎作
木箱
付属品 釜鐶付
注意 蓋のつまみが変わる場合があります。
   (No30大)(・475200)