【茶器/茶道具 花入 置用】 信楽焼き 耳付花入 窯変 上田光春作(古来窯)

花入 信楽焼き 耳付花入 窯変 上田光春作(古来窯)

 上田家は、幕末~明治に活躍した石井直方に始まり、2代上田直方と代を継承する信楽焼きの作家
【4代 上田直方(本名 勝次)】古来窯 紫香楽焼き
 昭和信楽の名工 家業を継承。
1898年明治31年 滋賀県に生~昭和50年1975年 没
1912年大正01年 学業終了と同時に家業に従事す
1931年昭和06年 4代襲名
1943年昭和18年 信楽焼技術保持者認定
1943年昭和18年 商工省より技術保存者資格の認定を受ける
 3代 高橋楽斉と同時に信楽焼き技術保存者資格の認定を受ける
1964年昭和39年 滋賀県無形文化財認定
1970年昭和45年 労働大臣より優秀技術保持者を認定され、
 同時に、日本工芸正会員となる
1975年昭和50年 76才没
【5代 上田直方(本名 和夫)】古来窯 信楽焼き
1927年昭和02年12月27日生 信楽出身
1946年昭和21年 京都国立陶磁器試験所伝習科修了
      師 4代直方に師事
1976年昭和51年 5代襲名
1991年平成03年 滋賀県指定無形文化財に指定
 日本工芸会正会員
2000年平成12年 文化庁より地域文化功労者表彰を受ける
 現住所 滋賀県甲賀郡信楽町長野843
【6代 上田直方(本名 光春)】
2011年平成23年より6代の商品を販売予定
1957年昭和32年 福岡県八女郡立花町生まれ
1975年昭和50年 丹波にて伝統工芸士・大上強氏に師事
1983年昭和58年 京都府立陶工訓練校成形科修了
1984年昭和59年 滋賀県立窯業試験場釉薬科修了
 古賀茶道文化研究所・古賀健藏先生に指導を受ける
 秀明文化基金賞受賞
 師 5代 直方に師事、作陶に専念中

陶器(焼物)の花入

陶器の花入には渡り物と国焼があります。

やきもの花入いろいろ
焼物の花入は種類が多く、青磁・染付・彩磁などがあります。
中国から渡来した青磁は真の花入とされます。染付・赤絵はこれに次ぐものとされます。
国焼は瀬戸・高取・伊賀・信楽・備前・丹波・萩・唐津・楽などの京焼があります。
  • 釉がかかり形の格調高い物は行の花入に扱います。
  • 釉がかかってない土物は、草の花入とされます。

木地の薄板は水で濡らしよく拭ききって使用します。
備前・伊賀・信楽など釉のかかってない花入は事前によく水に濡らし、よく拭いて使用します。

花入 信楽焼き 耳付花入 窯変 上田光春作(古来窯)

花入の説明(敷板の説明)

薄板(三枚組花台)花入の下に敷く板を薄板といいます。
真塗矢筈板
かねの花入に使用・青磁等格調高い物を使用
塗り蛤端
釉のかかった焼物の花入れに使用
木地(杉)の蛤端
竹や釉のかからない焼物の花入に使用
丸香台
竹や釉のかからない焼物の花入に使用

掛物が一行物の時は床の下座(床柱のある方)に置くのが多い。

掛物が横軸の時は花入を中央に置くのが多い。

その他
板床や畳の床に置く籠花入には薄板は使用しません。
木地の薄板は水で濡らし拭ききって使用します。

関連商品

 
  

サイズ 胴約直径14×高22.8cm
作者 上田光春作
木箱
   (礼吉リ・121000)