【茶器/茶道具 炭道具】 羽箒(はぼうき) 炉用 総珠鳥(ふさほろほろちょう)

羽箒(はぼうき) 炉用 総珠鳥(ふさほろほろちょう)

【羽箒(はぼうき)】茶道辞典より
三つ羽根は行・草の位の物
真の羽箒は一つ羽根で炉用・風炉用共に用いる。
一枚・三枚ともに手元を竹の皮などで包んであります。
炉用は左羽(むかって左が広い)
風炉用は右羽(むかって右が広い)

サイズ約全長32cm
木箱
注意写真に近い物をお送りいたしておりますが、羽箒に使用している羽根は全て天然のものですので、 柄の出方や色の濃淡、形状、サイズ、重量などが異なります。
  (丸山中礼目ウ棒山大)
(・30320)