【茶器/茶道具 銘付茶杓】 銘「無事」 小林太玄筆 影林宗篤作

銘付茶杓 銘「無事」 小林太玄筆 影林宗篤作

無事ぶじ
無造作、平常の意味、何も起こらぬことの意味。
禅でも茶道でも、何の計らいもなく自然法爾に徹する人を最高の人とするという意味。


【小林太玄】黄梅院 大徳寺塔頭
1938年昭和13年 奉天生まれ
1961年昭和36年 花園大学卒業
 相国僧堂に掛塔 大津暦堂に参禅
1975年昭和50年 大徳寺塔頭 20世 黄梅院に就任
--------------------------------------------------
【影林宗篤(本名 清一)】
1946年昭和21年 奈良県生駒山に生まれる
1965年昭和40年 稼業の茶道竹工芸を学ぶ
1970年昭和45年 以降 三玄院 故、藤井誠堂老師や黄梅院の故、宮西玄性老師の指導を受ける
 

作者 小林太玄筆
茶杓 影林宗篤作
木箱
注意 色・景色(模様)などは写真と異なる場合があります。
   (申丸・中)(・32200)