【茶器/茶道具 抹茶茶碗 御題「望」】 白楽茶碗 古都の望月又は古都の冬 吉村楽入作 (干支子 御題望)

抹茶茶碗  白楽茶碗 古都の望月又は古都の冬 吉村楽入作

【2代 吉村楽入】(京都楽窯会所属)
1929年昭和04年 京都市に生まれる
1948年昭和23年 京都府陶工訓練所終了
 名人 初代 父の吉村甚四郎氏に師事、楽入を継承
1985年昭和60年4月同会会長に就任
【3代 吉村楽入(本名 重生)】
1959年昭和34年 京都おまれ
1982年昭和57年 同志社大学経済学部卒
1983年昭和58年 京都市工業試験場伝統産業後継者育成陶芸コース終了
1984年昭和59年 京都府陶工訓練校成形科卒
 師祖父・父 楽入に師事
1989年平成01年より「楽入窯」創始・主宰
2000年平成12年 【重生】印を泉涌寺熊谷龍尚和尚より拝領
2001年平成13年 伝統工芸士認定
2004年平成16年 萬福堂 3代 吉村楽入を襲名

楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!!
熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。
<五山の口造りで幽玄の世界を表現>しています。

利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。

抹茶茶碗  白楽茶碗 古都の望月又は古都の冬 吉村楽入作 成形のぐあいを作行きといい、
まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。
抹茶茶碗  白楽茶碗 古都の望月又は古都の冬 吉村楽入作
抹茶茶碗  白楽茶碗 古都の望月又は古都の冬 吉村楽入作 作者印のある高台は見どころの要です。
土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。
井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

サイズ 約直径11.8×高8.5cm
作者 3代 吉村楽入作
木箱
注意 楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。
楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。
   (R2/2-2リ・26620)

 

【茶器/茶道具 抹茶茶碗 御題「望」】 白楽茶碗 古都の望月又は古都の冬 吉村楽入作 (干支子 御題望)
【茶器/茶道具 抹茶茶碗 御題「望」】 白楽茶碗 古都の望月又は古都の冬 吉村楽入作 (干支子 御題望)
【茶器/茶道具 抹茶茶碗 御題「望」】 白楽茶碗 古都の望月又は古都の冬 吉村楽入作 (干支子 御題望)
商品コード: rakutyawann-96*1~rakutyawann-96*2
【茶器/茶道具 抹茶茶碗 御題「望」】 白楽茶碗 古都の望月又は古都の冬 吉村楽入作 (干支子 御題望)

送料無料
白楽焼き
勅題 望・お題 望

関連カテゴリ:
節句の茶道具 > 干支・御題
茶道具
茶道具 > 国焼茶碗(色絵)
茶道具 > 国焼茶碗(色絵) > 年中無季(数茶碗)
茶道具 > 黒楽茶碗
販売価格:19,965
ポイント:1,815Pt
抹茶茶碗
A  1
B ×
数量
在庫
0~1