【茶器/茶道具 水指】 織部焼き 吊るし柿 胴締 水野健二作(郷之窯) 木箱

水指 織部焼き 吊るし柿 胴締 水野健二作(郷之窯) 木箱

水指 織部焼き 吊るし柿 胴締 水野健二作(郷之窯) 木箱

【水野健二作】郷之窯 伝統工芸士
 織部焼・黄瀬戸焼等、茶道具を美濃の地にて製作する。  通算大臣指定美濃焼伝統工芸品 共同組合員
1941年昭和16年 生
1960年昭和35年 県立多治見工業高校卒
1963年昭和38年 土岐市立陶磁器試験場に就職
 この間、陶磁器デザイナー日根野作三先生に師事
1972年昭和47年 退社し独立、以後研鑽中
 以後 全国輸出デザインコンクール・県展等受賞多数

水指(水器)-釜に補給する水や茶碗・茶筌などをすすぐための水を貯えておく器物

炉・風炉の火の陽の対して水指の水を陰とします。
台子皆具の水指は本来唐物に始まり点前作法の変遷とともに皆具からはなれ銅の水指についで南蛮や国焼の備前・信楽・楽焼や京焼などの焼き物が用いられ、さらに木地釣瓶や曲などの新しい素材や形が造られた。



サイズ (上)約直径13.9(下部)直径15.4×高14.6cm
作者 水野健二作(郷之窯)
木箱
注意 柄は変わる場合があります。
当店にお任せください。
   (の野江)(・26136)