【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 飛鉋 三島 吉向翔平作

抹茶茶碗 飛鉋 三島 吉向翔平作

抹茶茶碗 飛鉋 三島 吉向翔平作

【吉向翔平(本名:翔平)】8代の長男
」 1973年昭和48年 大阪府生
1991年平成03年 私立清風高校卒業
1993年平成05年 京都府立陶工江東技術専門校卒業
1996年平成08年 京市工業試験場卒業
 父 8代 吉向十三軒氏に師事
 現在 淡交会大阪南支部なにわ青年部
----------------------------------------
【初代 十三軒吉向松月(本名:戸田治兵衛)】源兵衛の長男
江戸時代、享和年間(1801~1804)伊予大洲藩の戸田治兵衛が京に出て、楽家 9代 了入や、初代清水六兵衛、仁阿弥道八などを訪ねて陶器の修行をする。
迎えた妻の里である大阪十三十にて窯を開き、十三軒松月と名乗り、名声を得た松月は、郷里の大洲藩に招かれ、藩公の別邸のあった、五郎にて御用窯を仰せつかる。五郎玉川焼と伝えられる窯
その後、大阪に戻り十三軒松月は、11代 将軍 家斉公の太政大臣宣下の慶事にあたって献上した鶴と亀の喰ろうの、亀に因んで「吉向」の金印と銀印を賜る。
こうして、吉向十三軒松月を名のるようになる。その後、其々の大名に迎えられ、御用窯(お庭焼)を申しつかる。
大阪は、亀治、江戸は旗本の次男、一郎高義と両方で養子を迎え、吉向焼はニ家になる。
【2代 吉向十三軒松月(亀治)】
 従兄である初代の治兵衛に招かれ、大阪の窯を任される
【3代 吉向十三軒松月(興右衛門)】
 初代 松月の姉の子
【4代 吉向十三軒松月 (治平)】
 2代 亀治の子
【5代 吉向松月 (萬三郎)】
 治平の長男。弟、実蔵と窯を分ける。
 実蔵は、五代吉向十三軒を名乗り、吉向家は、三家となる。
 現在、八代目吉向十三軒は、東大阪市で窯の火を護っている。
 萬三郎、長男、次蔵と共に明治天皇の姉君、伏見文秀女王殿下のお庭焼をお手伝いした御縁で、枚方の窯に御成頂き、秀松軒の軒号を賜る。
 次蔵に窯を譲った後、隠居窯を大徳寺高桐院内に築き、龍山と号して作陶する。
 後、この隠居窯にて没す。
【6代 吉向十三軒(本名:  )】今日庵出入方
【7代 吉向十三軒(本名:治一郎)】今日庵出入方
【8代 吉向十三軒(本名:了一)】今日庵出入方
1948年昭和23 年生まれ
 師:父7代に師事
1971年昭和46年 7代より、8代を継承     現在地 東大阪の石切
    個展多数
 

サイズ 約直径13×高6cm
作者 吉向翔平作(8代の長男)
木箱
   (限定ス吉フ酒・98000)