【茶道具 水屋道具】 前瓦 雲華(大) 小川長楽作

●△◆【 小川長楽】
※建仁寺代04代管長武田黙雷老師より「長楽」を、裏千家:円能斎宗匠より「長友軒」の号を賜る
○△□、ちなみに、前瓦は立つようになっています。


・・・・・<参考資料>・・・・・
◆初代【 小川長楽 本名:大治郎】
明治07年小川左右馬方眼源正幸の次男として丹波(現 亀岡市千歳町)に生まれる
明治19年楽家11代慶入氏の弟子となる
明治39年 長楽:建仁寺代04代管長武田黙雷老師より「長楽」を、裏千家:円能斎宗匠より「長友軒」の号を賜る
  39年同時に、楽吉左衛門師より、独立し「長楽窯」を五条坂八幡宮畔に開窯
昭和14年8月初代長友軒長楽65才にて没
◆二代【小川長楽 本名:幸一】
明治45年生まれる
昭和14年10月初代没・11月二代長楽を襲名する
昭和15年 裏千家今日庵14世淡々斎宗匠の推挙にて建仁寺派第5代管長古渡庵頴川老師より「景雲」の号賜る
昭和18年芸術保存作家の指定を受ける
昭和30年芸楽釉楽窯による、白薬・焼貫七彩釉の 焼成に成功する
平成03年享年七十八歳にて永眠する
※ 現在は、次代の三代目 小川長楽氏が窯を継承
◆3代【小川長楽 本名:幸夫】号 裕起夫:長楽・松風軒
昭和22年2代の長男に生まれる
昭和41年工房・住所を山科清水団地に移り、師:長楽に師事
昭和44年 (号:裕起夫)にて創作活動に入る
昭和52年~57年の間、京都陶磁器青年会会長を務める
平成01年二代長楽喜寿を記念して親子展を開催
平成03年2代長楽:享年七十八歳にて永眠する
1992年平成04年幸夫氏が3代長楽を襲名。同時に醍醐寺座主麻生文雄硯師より「松風軒」を賜る
平成05年徳仁親王と小和田雅子氏のご成婚を奉祝して、総本山醍醐寺の依頼により赤・白一双茶碗を献上
平成07年開窯90年4を祝して仁和寺門蹟・吉田裕信鯨氏より「楽焼おちゃわんや」の暖簾を賜る
※現在:日本工芸協議会副会長
※   (社)京都国際工芸センター常任理事
※  清水団地(協)常任理事
【小川裕嗣(ひろつぐ)】※4代目:次代の作家
※1978年昭和53年3代の長男として、京都に生る
※2002年平成12年京都市産業技術研究所工業技術センター(陶芸家)修了
※2003年平成13年名古屋造形芸術大学(彫刻)卒
※2004年平成14年京都府陶工高等技術専門校を卒業、度維持に3代長楽に師事
※2013年平成25年「京焼、技と美の継承展」佐川美術館に出品~以後個展(京都大丸)(日本橋三越本店)を多数予定

・・・・・<参考資料>・・・・・
【楽焼】<小学館より参照>
【初代 長次郎】
【 2代  常慶】
一、手捏(てづく)ねで成形し、低火度で焼いた軟質の陶器。天正年間(1573~1592)京都の長次郎が千利休の指導で創始。赤楽・黒楽・白楽などがある。2代常慶が豊臣秀吉から「楽」の字の印を下賜されて楽を家号として以降、楽家正統とその傍流に分かれ、前者を本窯、後者を脇窯という。
陶芸家【十五代 楽 吉左衛門(らく きちざえもん)】
※生年:1949年(昭和24年己丑)~京都府に生
※師匠:父の、十四代楽吉左衛門 の元研鑽中

・・・・・<参考資料>・・・・・
陶芸家 楽焼:太閤窯【初代:小西平内(こにし へいない)】
◆窯印:五三の桐の判
1899年明治32年愛媛県生まれ
※若くから大阪にでて、独学で楽焼を習得
1931年昭和06年に神戸有馬温泉に窯を築き茶陶を作ったもの。 また、甲子園ホテルで庭焼を初め、川喜田半泥子に認められ、1956年昭和31年、五島慶太の推薦を得て渋谷東急東横店で個展。
1958年昭和33年兵庫県西宮市甲山に移窯。
1964年昭和39年 太平を名乗り隠居。〇1991年平成03年 没。
陶芸家 楽焼【二代:小西平内】
1928年昭和03年 愛媛県に生まれる。
1946年昭和21年 太閤窯を築いた初代小西平内に師事して作陶の技法を追求する。
1947年昭和22年 津市の川喜多半泥子に師事するため、津市長谷山のふもとの広永窯へ行き、半泥子の教えを受ける。こうした作陶生活が数年続く
1964年昭和39年 2代小西平内を襲名すると共に、太閤窯を継ぎ、西宮市の甲山で作陶を続ける。 この1964年年10月大阪三越で初めての個展を開き、以後、東京三越、名古屋丸栄、名古屋松坂屋、神戸そごう、姫路やまとやしき等で、個展を多数開催。主として、楽焼と伊賀の陶技を使った作品を制作する。
1976年昭和51年 国際交流基金の要請によって、ローマ日本文化会館主催の楽焼実演会を行う。
1986年昭和61年 第5回太閤窯小西平内茶陶展を名古屋松坂屋で開く。
 

サイズ
前瓦(雲華)
小:約巾11×高7.2cm
作者 小川長楽作
紙箱
   (ス申り・21385)