【茶道具 炉釜】 真形  鯱鐶付 金箔塗り 大西清右衛門写し 菊池政光作 釜鐶付

炉釜 真形  鯱鐶付 金箔塗り 大西清右衛門写し 菊池政光作 釜鐶付

炉釜 真形  鯱鐶付 金箔塗り 大西清右衛門写し 菊池政光作 釜鐶付

炉釜 真形  鯱鐶付 金箔塗り 大西清右衛門写し 菊池政光作 釜鐶付

 

【菊池政光作】
 山形在住の釜師
 高橋敬典に師事
 奥州山形鋳物の伝統を受け継ぐ作家
1937年昭和12年1月19日生まれ。山形県出身
 日本伝統工芸展に1973年の初入選以来、10回以上の入選を果たす
 第五回伝統工芸武蔵野店では日本工芸界東京支部賞を受賞
 伝統工芸日本金工展では12回の入選歴を持つ
1982年昭和57年 日本伝統工芸士に認定される
 日本工芸会正会員

釜は茶会の象徴です。
釜・茶の湯では一年が炉の季節・風炉の季節と大きく二つに分かれます。

利休七ヶ条~夏はすずしく冬はあたたかく~
炉は立冬の節に開け立夏に閉じるのが標準。

  • 西の芦屋釜・東の天命釜、そして京釜と移りその釜の亭主の心を松風の声として客をもてなします。
  • 釜の蓋のツマミ・鐶付・釜肌多数の見どころがあります。

重量 約4.3kg
サイズ 約直径24.5×高17.5cm
炉釜口:12cm
作者 菊池政光作
木箱
付属品 釜鐶付
注意 釜蓋のつまみなどが変わる場合があります。
   (仕鯱鐶付(金箔塗)宮・120960)